真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

2015-03-22から1日間の記事一覧

英霊の遺骨収集、菅直人がメスを入れた案、安倍自民が真似をしている

★遺骨収集、立たぬ見通し 硫黄島で今も1万柱超が不明 太平洋戦争末期の激戦地、硫黄島(東京都小笠原村)で21日、日米合同の追悼式(日米の硫黄島協会主催)が開かれた。戦後70年を迎える今も、日本人死者の半数にあたる1万柱以上の遺骨が見つからない…

お仕事募集 日本国保守政治総合研究所

当、日本国保守政治総合研究所では、お仕事を募集しています。☆雑誌・機関誌への寄稿 主に日本をよくする為には、この様なことが必要だという提言や売国を斬り、正していくことを得意としています。☆政策・選挙活動への提言 ・国民の望みとブレない政治活動…

公共工事が国益になるという考えは古い、米国は脱却している

★北陸新幹線、開業直後なのに空席ばかり 車内ガラガラ写真のツイッター投稿相次ぐ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150319-00000005-jct-bus_all&p=1(解説)場所、地域によりますが、新幹線が出来ると在来線が廃止になったり、本数を減らしたりすると…

尖閣諸島防衛論に嘘? 平地の少ない土地に大部隊は上陸しない

★自衛隊内でも異論…安倍政権「オスプレイ」相場の2倍で購入 今国会で審議中の平成27年度予算案では、オスプレイ5機の購入費用として516億円が計上されている。1機当たり約103億円だが、米軍の購入費用は1機当たり50億〜60億円だ。日本は倍近…

対中問題、中国の脅威ガー!という自作自演はいつまで続くのか?

★現場の防衛協力、法を先取り 新安保法制に他国支援規定 自民、公明両党が合意した新たな安全保障法制の大枠には、米軍以外の他国軍にも自衛隊が幅広く支援できる規定が盛り込まれた。日米豪はすでに、台頭する中国の脅威を念頭に東シナ海から南シナ海を演習…