真実の政治家 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

再臨界懸念 ニュースを曲解するエセ保守

海水注入が一時中断=再臨界懸念し菅首相指示—福島1号機

 東京電力福島第1原発事故をめぐり、発生直後の3月12日に東電が1号機で開始した海水注入に対し、政府が「再臨界の可能性がある」として一時停止を指示し、1時間程度海水の注入が中断していたことが20日、分かった。政府関係者が明らかにした。海水注入の中断で、被害が拡大した可能性もある。

 1号機では、3月12日午後3時半すぎ、水素爆発が発生。東電の公開資料によると、東電は同日午後7時4分から海水注入を開始した。一方、首相官邸での対応協議の席上、原子力安全委員会の班目春樹委員長が再臨界が起きる可能性を菅直人首相に進言。これを受けて首相が中断を指示し、午後7時25分に海水注入を停止した。

 その後、問題がないと分かったため、午後8時20分に海水とホウ酸の注入を開始したが、55分の間、冷却がストップした。

 東電は1号機に関し、3月12日の午前6時50分ごろ、メルトダウン(全炉心溶融)が起きていたとしている。 

時事通信社 - 05月21日

・・

再臨界懸念 ニュースを曲解するエセ保守

>東電が1号機で開始した海水注入に対し、政府が「再臨界の可能性がある」として一時停止を指示し、1時間程度海水の注入が中断していたことが20日、分かった

↑ここだけを読むと、菅総理が余計なことを言ったと解釈できる。

原子力安全委員会の班目春樹委員長が再臨界が起きる可能性を菅直人首相に進言。これを受けて首相が中断を指示し

↑しかし再臨界が起こる可能性を言われた為に、菅総理が中断したことが分かる。
つまりは何ら根拠もなく中断したのではなく、再臨界の可能性を言われたからこそ中断した訳で、まるで菅さんが悪い様な解釈をしている人は文章の読み方を知らないのだと思います。


読売の表題はかなり意地が悪い

首相の意向で海水注入中断…震災翌日に55分間

(略)
 菅首相は、内閣府原子力安全委員会の班目(まだらめ)春樹委員長に「海水を注入した場合、再臨界の危険はないか」と質問した。班目氏が「あり得る」と返答したため、首相は同12日午後6時に原子力安全委と経済産業省原子力安全・保安院に対し、海水注入による再臨界の可能性について詳しく検討するよう指示。

↑表題に惑わされず、文章の中まで読んでいけば内容は分かるが表面的に捕らえる人もいる。


日本を良くしたい人は、是非入ってください。

政治や偏向報道に関心ある方は、是非参加して下さい。
「真実の政治家」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4192418
コミュIDは、良い国、良い輪と覚えて下さい。
☆反民主のコミュではありません。その枠を超える政治の見方をします。

自民党を更正させる会」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5384125