真実の政治家 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

尖閣諸島領海侵犯 ビデオ非公開の噂は真実か

尖閣衝突>中国人船長「海保職員が暴行」 香港紙に証言

 【北京・成沢健一】昨年9月に尖閣諸島沖で起きた中国漁船衝突事件で逮捕され、処分保留で釈放された※其雄船長(※は擔のつくり)が香港紙「明報」のイ ンタビューを受け、連行される際に日本の海上保安庁職員から暴行を受けたと証言した。東日本大震災の被災地を中国の温家宝首相が訪問、復興に協力する姿勢 を示したが、証言は改善に向かうとみられた日中関係に影を落としそうだ。

 23日付の同紙によると、船長のインタビューは5月初めに行われた。船長は海上保安庁の巡視船に故意に衝突したとの見方を否定し、「彼らが突然、方向を 変えたため衝突した」と主張した。1回目の衝突の後、台湾方面に向けて逃げようとしたが、複数の船艇に囲まれ、追いつかれたという。

 船長は停船後に乗り込んできた海保職員に棒で右肩を殴られたうえ、左足を蹴られたと訴えた。また、取り調べ期間中、深夜まで眠ることを許されず、尖閣諸島が日本の領土だとする文書に署名するよう強要されたと主張している。

 海上保安庁広報室は「署名の強要など報道されているような内容はありえない」としている。

毎日新聞 - 5月23日

・・

尖閣諸島領海侵犯 ビデオ非公開の噂は真実か

上記の報道がもし事実であれば、当初からあった噂が信憑性を持って来たことになる。
その噂とは・・

最初ビデオを公開しようと政府関係者が視聴したところ、海保職員がはじめに相手を殴っている映像があったと言うもの。
武装した側が非武装の人間を殴るのは、国際社会に悪い印象を与えるとして、日本が不利になることも考慮しビデオの公開をしない様に決めたのでは?と言う噂があった。

〈詐欺同然 自民丸山の質議〉
丸山は、領海侵犯の拿捕・逮捕・裁判をやるのは当たり前だ!と強い調子で政府を批判している。
しかしこれらが出来ていないのが自民党です。

釈放を大前提とした偽装逮捕をわずか一度だけしたに過ぎず、丸山が言う当たり前のことなど自民党はしたこともない。
また問題のない写真を1〜2枚国民にみせるだけで、ビデオなど公開したこともない。
自民党は国民を騙すのが上手いからこそ、民主党よりマシだと誤認する人がいる訳で、その実態は現行政府よりも悪質で売国であると言わざるをえない。
属国化をして来たのは、間違いなく自民党です。

〈国際感覚のない独善的な自民党
これが海外であれば、与党・野党共に対中批判をするところであったが、抗議を入れたのは民主党だけである。
自民党は対中批判を一切せず、政府の足を引っ張り中国を喜ばすことをしている。
つまり相手に塩を送ったのは、自民党なんです。
この動きは自民党売国政党以外のなにものでもないことを証明している。


日本を良くしたい人は、是非入ってください。

政治や偏向報道に関心ある方は、是非参加して下さい。
「真実の政治家」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4192418
コミュIDは、良い国、良い輪と覚えて下さい。
☆反民主のコミュではありません。その枠を超える政治の見方をします。

自民党を更正させる会」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5384125