真実の政治家 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

真の保守派を育成する為の保守講座開講!

下記の件を読んでなにが問題なのかを分析する能力を身につけよう!
保守初級編

・・

自民党】★安倍晋三は、日中間の交流人口を500万人以上にする事を目指す!

「第166回国会 安倍内閣総理大臣施政方針演説
(成長力強化)(抄)
 
 アジアなど、海外の成長や活力を日本に取り入れることは、21世紀における持続的な成長に不可欠です。2010年に外国人の訪問を1000万人とする目標の達成に向け、今年は、日中間の交流人口を500万人以上にすることを目指します。」


安倍晋三の政権構想 『美しい国、日本』
2007.5.17レイアウト修正、2006.9.3初版

【具体的政策】
(7) 世界において責任ある役割を果たす国になる
 ○人道復興支援、大量破壊兵器拡散防止等、平和構築への積極貢献と人材育成
 ○戦略的ODA、環境・人権外交、留学生受け入れの飛躍的拡大など、日本の理念外交を展開」

・・

>戦略的ODA

自民党は対中ODA/対中無償ODAの実施を行い、中国の軍拡や尖閣諸島の開発の手助けをして来ました。
安倍さんは、尖閣諸島が自国領にも関わらず、「試掘をしてもいいですか?」と中国へ打診します。
中国は「そんなことをしたら軍艦を出すぞ!」と恫喝をします。すると安倍さんは沈黙をしてしまいました。

何が問題なのでしょう?分かりますか?
保守初級編です。

従来行って来たODAは楽に3兆円を超える規模であり、尖閣諸島の開発にも回ったと考えるべきです。
開発の手助けをしておきながら、「試掘をしてもいいですか?」と言うのは一体どう言うことなのでしょうか。
日本固有の領土と言いながら、中国に伺いを立てると言うことは、半分は中国領と認めたも同じです。
こうした姿勢が中国の横暴を助長させて来ました。

安倍さんは、脱中国を目指す真の保守派と言う人もいますが、「日中間の交流人口を500万人以上にすることを目指す」とする姿勢はどうなのでしょうか。

また残念なことですが、安倍さんの実績には大きな捏造があることを知っていますか?
インドと同盟を組んで中国を牽制すると言う件で、インドの核ミサイルが中国を狙っていると言う評価をする人がいますが、これは捏造です。

インドの規定では核先制攻撃が出来ない決まりになっており、相手国が核ミサイルを発射をして、はじめて報復して良いことになっています。
従ってインドが日本を助ける為に中国に核ミサイルを発射することなど絶対にありません。

捏造や誇張を取る去ると、自民党のやって来た売国を踏襲しつつマッチポンプを繰返していることが分かります。


日本が好きな人、情報難民になりたくない人は是非入ってください。

「真実の政治家」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4192418
コミュIDは、良い国、良い輪と覚えて下さい。
☆反民主のコミュではありません。その枠を超える政治の見方をします。

自民党はあり得ない」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5384125