真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

菅総理「なでしこ」観戦を検討だけで批判? 偏向は反日勢力か?

菅首相、なでしこ観戦独ツアー検討してた

ドイツで開催されているサッカー女子ワールドカップ(W杯)決勝、日本−米国戦(日本時間18日未明)に、菅直人首相(64)が政府専用機を使って応援に乗り込むことを一時検討していたことが16日、分かった。
産経新聞

・・

(筆者の解説)
菅総理「なでしこ」観戦を検討だけで批判? 偏向は反日勢力か?

ただ「なでしこ」観戦を検討しただけでこれである。
これは「行ってみたいなー」程度です。
その程度のことで大袈裟に騒ぐのなら、実際に娯楽を楽しむ人はどうなのでしょうか?
(重要!政府専用機の件は本人や周囲の談話ではなく、記者の捏造だと確信します。)

(以下、参考)
石原伸晃が震災より巨人戦優先 バッチリ生中継で批判の的

 自民党石原伸晃幹事長(54)が、19日の日曜に東京ドームで行われたプロ野球・巨人_西武戦をバックネット裏で観戦している姿がテレビで映され、自民党内で「少したるんでいるのでは」と批判の的になっている。
 石原氏が観戦したのはデーゲームで、日テレで生中継された。前列に座っていたため、画面にばっちり映ってしまい、ネット上でも「小笠原の2点タイムリーで大喜び」などと話題になった。

 19日といえば、菅直人首相の退陣と会期延長問題で与野党がギリギリの交渉をしていた最中。石原氏も同日午前には民主党岡田克也幹事長と NHKに出演し、神経戦を展開した。だが、その足で午後にはドームに駆けつけていたわけだ。自民党の中堅議員はため息混じりにボヤく。
「政治が迅速に震災対応をしなきゃいけないときに、野党の責任者がのんきに野球を見ている姿を被災地はどう思うだろうか。
zakzak 2011.06.22


■反原発、「集団ヒステリー」=石原自民幹事長

 自民党石原伸晃幹事長は14日の記者会見で、福島第1原発事故後の反原発の動きについて「あれだけ大きな事故があったので、集団ヒステリー状態になるのは心情としては分かる」と述べた。表現が不適切との批判も出そうだ。
時事通信社 - 06月14日



日本が好きな人、真実を知りたい人はどんどん入ってください。
菅総理を応援する人も入ってください。民主党の良い部分を語れる論陣も募集しています。
※本ブログには掲載されていない真実の情報もコミュにはあります。

「真実の政治家」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4192418
コミュIDは、良い国、良い輪と覚えて下さい。
☆反民主のコミュではありません。その枠を超える政治の見方をします。

自民党はあり得ない」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5384125