真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

脱原発は良策!自民支持の反対派には嘘が多い!

原発に依存しない社会作り、辞職後も…首相会見

 菅首相は26日夜、退陣にあたって首相官邸で記者会見し、約1年3か月の政権運営について「与えられた厳しい環境の下でやるべきことはやった。東日本大震災からの復旧・復興、原発事故の収束、社会保障・税一体改革など、内閣の仕事は確実に前進している」と語った。

 6月に退陣表明しながら、政権に約3か月間居座り、「政治空白」が生じたとの批判に対しては、復興基本法成立や原子力安全庁の設置決定などを挙げ、「大変実り多い政策実行の期間だった」と反論した。

 東京電力福島第一原子力発電所事故については、「首相として力不足、準備不足を痛感したのは、福島での原発事故を防げず、多くの被災者を出してしまったことだ」と振り返った。そのうえで、「首相辞職後も原発に依存しない社会の実現に最大の努力を続けていきたい」と語った。

 また、消費税率引き上げを明記した「社会保障・税一体改革案」に関し、「世界は国家財政の危機に直面している。社会保障と財政の持続可能性の確保はいかなる政権でも避けて通れない。与野党で協力して実現してほしい」と訴えた。
読売新聞 - 08月26日 18:33

・・

脱原発は良策!自民支持の反対派には嘘が多い!

震度7地震がやって来た場合、原発地震に耐えられない。
この事実があるからこそ、脱原発を宣言した訳ですが、曲解や捏造の妨害工作にあいその真意を知らない国民も多いと思います。

悪質極まりない反日勢力である自民党支持者がどの様な嘘を垂れ流して来たのか1億の国民は御存知でしょうか?

原発をやめて中国や韓国から電気を買う
原発を即時停止にすることで企業の生産活動が中止する

などであるが、この手の嘘はまさに異常者としかいい様がない。
菅総理は代替案の準備をし、その準備が完成してから切り替えることを考えていました。
なので中国や韓国から電気を買うことも一切ないし、即時停止をして一斉に送電がストップすることもありません。

菅総理はかなり慎重に進めることを考えていましたが、これが捏造されて誤解を与えるものにされています。
自民党の支持率を引き上げる為、ただそれだけにネット上で悪質な嘘が流れることは異常であり国難だと思います。

また自衛隊が「動的防衛」(対中シフト)や与那国への部隊配備を反日勢力である自民党に提言して来ましたが、承認されませんでした。
自衛隊からの要望を菅政権が快諾したのは、強い日本になる為の一歩であると思います。

さらには教科書検定の強化をし、保守政権の一端を見せつけました。
麻生政権では高等学校の指導要領に竹島の文字を記載せず、保守派にイライラさせましたが、菅総理はこれとは対照的な成果をあげています。

自民党が却下して来た「英霊の遺骨収集」を政府責任として特命チームを編成することなど、菅総理が野党時代から主張して来たことです。
さらに自民党執行部が分祀推進なのに対して、菅総理は国立追悼施設の白紙化を実現しました。

愛国議員、保守派議員らしい実績も多々ありながら自民党支持者に隠蔽され曲解されたのは愚行と言わざるをえません。


「真実の政治家」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4192418
コミュIDは、良い国、良い輪と覚えて下さい。
☆反民主のコミュではありません。その枠を超える政治の見方をします。

自民党はあり得ない」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5384125

無言による申請は受け付けていません。