真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

野田総理:引用には嫌味も含まれている

福田、麻生氏の演説引用=自民に協議訴え—施政方針

 野田佳彦首相は24日の施政方針演説で、消費増税を柱とする社会保障と税の一体改革実現への決意を改めて表明。自民党福田康夫麻生太郎両元首相のかつての演説を引用し、与野党協議に応じるよう自民党に呼び掛けた。
 「与野党が信頼関係の上に立ってよく話し合い、結論を出し、国政を動かすことこそ政治の責任だ」。冒頭、野田首相はこう指摘すると、「4年前、当時の福 田首相がこの演壇から与野党に訴え掛けた施政方針演説の一節です」と紹介した。さらに、野田首相は、社会保障改革のくだりでも「これ(消費税を含む税制抜 本改革)は子や孫に負担を先送りしないためだ」と述べると、「これは3年前、当時の麻生首相の演説の言葉です」と強調した。

 与野党の立場が逆転したとはいえ、当時の福田、麻生両首相も今の野田首相と同じく、衆参の「ねじれ」に苦労しながら、社会保障や税制の改革に取り組んでいた。「立場を超えた国民のための協議」を強く迫るため、野田首相は、両元首相の演説にあえて触れたという。
 施政方針演説は約1万1000字で、歴代首相の演説と比べても平均的な分量。このうち一体改革に約3割を割いた。過去2回の所信表明演説で用いた「正心誠意」は消え、今回は、一体改革も含め懸案を先送りしない「決断する政治」をキーワードとした。「内政、外交の基本方針を真正面から論じる」(官邸筋)として、歴史上の人物の発言の引用はなかった。 

時事通信 1月24日(火)13時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120124-00000080-jij-pol

・・

野田総理:引用には嫌味も含まれている

そもそもフェアな報道をしないことに不自然さを感じます。
増税しろ!増税しろ!と恫喝を繰返して来たのは、他ならぬ自民党です。
増税しなければ、復興への協力もしないし、法案も審議しないとし増税案を強要して来た訳ではないですか。

じゃあ仕方ない、と条件を受け入れると今度は反対のことを言い始める。
この様な邪道外道とも言うべき国民をなめた自民党の対応は、国会議員としてあるまじき愚行です。

野田総理が、福田・麻生両氏の発言を引用したのは、あなたたちは社会保障や税制の改革についてこう言っていたではないか?と、ならば協力できますよね?と言うことが言いたく発言しているものです。

一部の自民党支持者が真似だ!真似だ!と訳の分からんことを言っていますが、話のキモはそこじゃない。
自民党がそれまで言って来たことと、現在非協力的であることが、大きな矛盾をはらんでいると言うことを指摘したいからこそ言っています。

また麻生は人の話をまったく聞いていない。
増税より景気回復ではないのか?と言っているが、解散前に増税を言ったのは麻生です。
そして野田総理は、増税に「景気条項」を取り込み、景気が悪い場合は増税を中止できる仕組みで提言をしています。

解散前の自民党の選挙演説など、景気対策のことなどろくに触れていません。
安倍が憲法改正を選挙の争点にしよう!と麻生に持ちかけて、それじゃ選挙に勝てないと無視する方向で調整をしたものの、小池ゆりこの演説などテポドンがメインみたいなもんです。

悪質極まりない自民党支持者は景気対策をしていないと幼稚な捏造をしていますが、1億2千万の国民は汚い煽動に騙されるべきではありません。

★経済対策に10兆円
★東北復興に12兆円
円高対策費に2兆円
★東北の製品を優先的に購入する国内向けODA50億円

などの対策が組まれています。

また増税を強要した自民谷垣や税担当の自民野田毅は、野田総理の発言中に寝ています。
写真参照。国民のことなど本当はどうでもいい売国政党自民党です。


無党派、どの党を応援するか決めかねている人大歓迎!

「真実の政治家 保守派通信」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4192418
コミュIDは、良い国、良い輪と覚えて下さい。
☆反民主のコミュではありません。その枠を超える政治の見方をします。

自民党はあり得ない」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5384125
自民党売国をただし社会の正常化を!