真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

政府に増税を強要してきた汚い自民党の真実!

増税法案不成立なら辞職か解散を〜谷垣総裁

 自民党・谷垣総裁は2日、都内で講演し、今後国会で始まる「社会保障と税の一体改革」の議論について、「野田首相は消費税増税法案を可決できなければ、辞職か解散をする覚悟を示すべきだ」と述べた。

 谷垣総裁「私と野田さんは考え方が同じところがありますから、『野田さん、腰砕けになるなよ、がんばれよ』という気持ちも、正直言うとないわけではな い。しかし、あれだけまとめるのに苦労されたのは、結局、手順段取りを踏まれていなくて、進めば進むほど、これはおそらく野田さんの足元は液状化せざるを 得なくなる」「内閣総理大臣が『政治生命をかける』『不退転の決意でやる』とおっしゃったんだったら、それはできなかったら自分は辞職する、あるいは解散 をして信を国民に問うと、それでも可決していくという覚悟をお示しにならなければならない」

 また、最低保障年金7万円の支給を含む民主党の新年金制度案や後期高齢者医療制度の見直しを具体例に挙げ、社会保障制度に対する民主党自民党の考え方の違いを指摘、自民党として消費税増税法案には「そんなに簡単に賛成できない」と述べた。

 その上で、「果敢に突っ込んでいく前から『話し合い解散』なんていうことはない」として、現時点での話し合い解散の可能性を改めて否定した。
日本テレビ系(NNN) 4月2日(月)17時15分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20120402-00000031-nnn-pol

・・

政府に増税を強要してきた汚い自民党の真実!

復興の為の法案も協力しないし審議しないと恫喝を繰返し政府に増税を強要した売国自民党

(資料1)
■「消費税10%」引き続き主張 自民税調基本方針案
 自民党税制調査会野田毅会長)は8日、党本部で幹部会合を開き、平成23年度税制改正の基本方針案をまとめた。
 夏の参院選マニフェスト政権公約)で掲げた「消費税率の10%引き上げ」を引き続き主張し、政府に対して抜本的な方針転換を求めることが柱となっており、9日の税制調査会総会で正式決定する。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101209-00000104-san-bus_all

増税をしないと言っていた政府に、増税へと方向転換を求めるとしたもの。
また野田毅自民党税担当)は、たばこ税引き上げに賛成せず所得税引き上げを提言した。

(資料2)
■消費増税でも「腰砕け」と首相批判 谷垣氏
 自民党谷垣禎一総裁は18日、静岡県沼津市で講演し、菅直人首相の政権運営に関して「首相は 一体何をしたいのか。消費税(率引き上げ)についても腰砕けになり、今や口をぬぐって触れていない」と強く批判した。
 首相が平成22年度補正予算案への協力を野党各党に求めていることについても「野党が協力する条件は(財政再建に対する)首相の本気度だ。それが一切聞こえてこない」と指摘。
自民党が提出する財政健全化責任法案に民主党が協力することが補正予算案賛成の前提条件になるとの考えを示した。
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/101019/mca1010191146014-n1.htm

自民党が考える財政健全化とはズバリ増税のことであるが、復興に協力する条件が増税だとして来た。

掲載写真は上段向かって右から、谷垣・野田毅(税担当)・加藤紘一であるが、この3人はそろって政府民主党に増税を強要した愚民である。

野田総理は、国会でこの様に述べたことがある。
自民党の提示する条件をのんだら、復興に関する法案に協力してくれるんですか!」といつになく強い調子で切り返したことがあったが、菅総理野田総理も苦渋の選択をしている。

3党合意と称して、移民を牽制する子供手当ての中止要求、増税の要求などを押し付けて来た自民党にも関わらずマッチポンプの様な芝居を繰返している。


無党派、どの党を応援するか決めかねている人大歓迎!

「真実の政治家 保守派通信」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4192418
コミュIDは、良い国、良い輪と覚えて下さい。
☆反民主のコミュではありません。その枠を超える政治の見方をします。

自民党はあり得ない」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5384125
自民党売国をただし社会の正常化を!