真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

参院選に於ける野党の選挙協力、ネガティブなイメージに刷り込むマスコミ

■<参院選>野党は1人区共闘カギ 政策に溝、共倒れの恐れ
 今夏の参院選で、自民、公明両党は参院での過半数獲得を目指し、野党各党は「自公過半数割れ」を目標に掲げる。カギをにぎりそうなのが、改選数1の「1 人区」での野党共闘の成否だ。だが、野党間の政策の違いは大きく共闘が進むかは不透明。一方、自公両党は共倒れを防ぐため、候補者調整を進めている。【田中成之、福岡静哉】

 「1人区で自民党の圧勝を避ける工夫が必要になる。政策の一致を前提にすみ分けをどうやるかだ」。みんなの党渡辺喜美代表は8日の党役員会で野党共闘 の必要性を指摘した。民主党細野豪志幹事長も7日の記者会見で、幹事長会談で共闘に向け協議したい意向を表明。連携相手として「まずは日本維新の会」と名指しした。

 1人区は二つ増え31選挙区。野党が乱立すれば、政権批判票が分散し自公両党に有利になる。先の衆院選では、自民、民主両党と第三極の「三つどもえ」と なった204小選挙区のうち168で自民候補が勝った。このうち109で民主候補と第三極候補の合計得票数が自民候補を上回っており、共倒れは鮮明だ。

 維新とみんなは共闘に前向きだが、両党は連合が支援する民主との協力には慎重だ。維新の松井一郎幹事長は8日、大阪府庁で記者団に、「我々は公務員改革、教育改革が中心的課題。人も金もそこ(公務員労組)がバックアップする政党が覚悟して(維新と)一緒にやれるのか」と共闘に否定的な見方を示した。(略)
毎日新聞 1月8日(火)23時45分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130108-00000083-mai-pol

・・

参院選に於ける野党の選挙協力、ネガティブなイメージに刷り込むマスコミ

先の衆院選の時に、投票前に自民党優勢を連呼し、自民党に投票しないとバスに乗り遅れるかの様な演出をしたのはマスコミである。
スーパーの安売り引き込みではないが、自民党優勢を何度も刷り込まれたら、諦める人もいるだろうし自民に投票しないと勝ち馬に乗れないと思う人もいるだろう。

これだけでも妙な心理戦を感じるが、選挙後野党の協力が上手くいかないと言う様な報道が繰返されている。
これをみても当然に諦める人も出て来るかも知れないし、自民党売国法案をなんら止められないのかと落胆する人もいるかも知れない。

報道は、情報源であり大事だが、歴史は自分たちで作っていくものだと再認識をして、報道にまどわされない組み立てが必要となって来るだろう。

この状況に及んでもいまだに自己主張の激しい議員がおり、俺が!俺が!を連呼し民主党が好きではないと言うものもいる。
こう言うタイプの人間は、戦争では武将になれない。
戦いに勝つ為には、個人の主張よりもっと大事なことがあると言う自覚がなければ武将にはなれないだろう。
野球でも自分だけヒットを飛ばせばチームが勝てる訳じゃない。
各プレイヤーもがんばって、一緒に連動してこそチーム全体が勝てるのだ。

チームは自分の党であり、他党ではないと言う観点もあるだろうが、どの様にしたら自民党の独善を阻止できるのか?
これを考えたら野党全体をチームと考えるのがよいのではないか?

あとは支持者同士が、共闘意識をもてるかどうか。
訳の分からない足の引っ張り合いをしていたら、この先どうにもならないだろう。

日本はある意味危機に直面している。
日本が長年に渡り培って来た、教育6・3・3・4年制度の見直し。
地域振興やその土地の伝統を無視した、道州制の導入。
これらは、ただ自民党安倍晋三がやりたいと言うことでしかない。

またマスコミが今のところ大袈裟に触れていないアベノミクスの欠点と言われている部分がある。
・住宅ローンの金利があがりローンが組みづらくなる可能性
・銀行の貸し出し金利があがり中小企業がお金を借りづらくなる可能性
公共工事を借金をして実行し景気があがらなければ借金は次世代に残って行く
・物価と賃金の上昇が連動せず物価だけあがる可能性
・物価があがる前の駆け込み消費に期待するむきがあるが一時的なものでしかない

自民党は旧態依然としており、公共工事が景気をあげると言うが、自民が支那韓国に技術支援をして不景気にしている。
韓国の自動車や家電がバンバン日本に入って来るのも、自民党が韓国に支援をして来たからに他ならない。
日本の技術を守ることこそが日本の優位性を保つもので、景気が良くなることではないのか?
輸出が低迷しているのは円高のせいと言うが、円高対策をせず支那に生産ラインを1万社も出して来たのは自民党ではないか?
輸出の低迷は円高そのものと言うより、支那韓国の製品が日本製品に追いつき日本製の優位性が失われつつあるからだ。

日韓議連を作った自民党は、韓流を引き込んだが、韓国は韓流に馴染ませて良い国だと思わせたのち家電などの侵略をはじめる。
文化的侵略と家電などの物の侵略の両方を手伝ったのが自民党だ。

自民党二世議員のお坊ちゃんが多いせいかピリっとした感覚がない。
お金や技術支援をしたら、支那韓国と仲良くなれると思ってやって来たのだろうけれど、それが日本を不景気にしているんです。
国賊自民の究極の売国をどうにかすべく、野党はしっかり共闘して欲しい。

野党の中でも、やれこの部分が気に入らない、些細なことだけで相手を嫌う動きもあるがもっと大きな枠で考えて欲しいものです。
そうじゃなきゃ自民党には勝てません。目を覚まして欲しい。


寺小屋的にお金のない人でも学べる、真の保守を育成する保守派道場です。
無党派、どの党を応援するか決めかねている人も大歓迎!

「真実の政治家 保守派通信」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4192418
コミュIDは、良い国、良い輪と覚えて下さい。
☆反民主のコミュではありません。その枠を超える政治の見方をします。

自民党はあり得ない」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5384125
自民党売国をただし社会の正常化を!