真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

野党支持者は垣根を超えた左右連合軍になるべきだ

自民党の圧勝 小選挙区制の特質と小党分裂の比例代表が理由
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20130110/Postseven_165126.html

・・

野党支持者は垣根を超えた左右連合軍になるべきだ

制度を改正しろと自民党に抗議をして「はい、そうします!」となるかと言えば、中々そうではないと思います。
もちろん抗議する余裕のある人、そうでない人も含めて、動くべきだと思いますが。

各政党の有志は、地元の議員と連絡を取り合ったり、野党側の同志と共闘する様にすべきではないですかね?
前回の衆院選の様子をみていると、「あれが気に入らない、これが好きじゃない」と言う些細なことにこだわる人が多過ぎている。
その結果、自民党売国は好きではないと言いながら、自民党に投票したの同じになったではないですか?

一番バカバカしいのは、自民も民主も好きじゃねー!と言って、俺は第三極に期待するんだと言い、その人たちの票が死票になって自民党に利する結果になったこと。
自民の売国が好きじゃねー!と言っても、自民党に投票したのと同じなんです。

私の場合ですが、民主党議員の事務所に押し掛けて、こう言う愛国政策をやった方がいいとか、具体的な政策提言も民主党側にして来ました。
「あれが気に入らない、これが好きじゃない」とは思いません。
気に入らなきゃ変える様に自分が積極的に動いて行くことも出来ます。

日韓会談の時もそうですが、韓国のイが慰安婦問題に言及したら、日本側は竹島問題をカードに使って相手を黙らせるべきだ!と政府に提言しました。
私の意見が採用になったとは言えませんが、野田総理はその様に動いてくれたので、私は大変に満足しています。
不平不満ばかり言っていないで、政策提言をして民主党の保守の部分を支える様にして来たんです。

どうも不満を言う人は、不満だけ言ってそれで終わってしまう。
いずれにしても、先の選挙結果を吟味をして、結果の出せる行動を野党側の政党支持者はすべきではないでしょうか。


寺小屋的にお金のない人でも学べる、真の保守を育成する保守派道場です。
無党派、どの党を応援するか決めかねている人も大歓迎!

「真実の政治家 保守派通信」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4192418
コミュIDは、良い国、良い輪と覚えて下さい。
☆反民主のコミュではありません。その枠を超える政治の見方をします。

自民党はあり得ない」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5384125
自民党売国をただし社会の正常化を!