真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

原発事故に関する捏造 〜国賊自民党の悪党ども正義の声を聞け!〜


↑安倍が原発の新設や再稼働に言及しても、
原発を言って当選した自民党議員は一切安倍に抗議しようともしていない


今敢えて再検証をしたい。
なぜ国賊自民党原発事故に関して捏造をしたのか?

そもそも福島原発事故とは、どの様なことで起きたのか、これを書きたい。
地震津波による電源の喪失によって、自動制御関係が麻痺したことにより炉心がむき出しになってしまった為に起きたのが、福島原発の事故です。
東電の職員は、炉心がむき出しになる様子を確認をし、手動ポンプで冷却水を注水しようとしましたが、このポンプの動作に燃料が必要だと言うことが分かり燃料を探しに行っている段階で炉心がむき出しになってしまったそうです。

しかし捏造ばかりをする国賊自民党は、菅総理(当時)の初動の問題から事故が起きたと情報を改ざんして批判をしました。
これは非常に驚くべくことで、蛮族・愚民・蛮行と言うことばを連想させます。
なぜ国賊自民党は、捏造をする必要があったのか?
大きく分けて2つの理由があります。

1.単なる事故では民主党の支持率を落とせないので、人災とでっちあげることで支持率をさげようとした。
2.これまで自民党は、原発の安全性を問題ないと主張していた為に自民党への批判を回避する目的で論点逸らしを行った。

この2点だと言って良いが、国賊自民党が政局のことしか考えない売国奴集団であるのと同様に、支持者も心が腐り切っている。
どの様な捏造をして売国奴自民党支持者が、民主党を批判したのか?
原発の安全対策費を仕分けしたと捏造したのが、国賊自民党支持者であるが、仕分けしたのは原発推進費であり自民党支持者の主張は完全な捏造だと分かる。
さらに仕分けの適応は翌年からになり、原発事故が起きた年には何ら影響がないことが分かる。
自民党は嘘ばかりをつく犯罪者政党であるが、支持者も非常に程度が低く年中嘘ばかりを平気で言うので、国民は厳重に注意する必要がある。

さて、上記であげた「2番目」の件は、すでに既出であるが、今一度掲載したい。
下記の答弁をみれば、なぜ原発事故を菅総理の初動の問題だと捏造したのかが一発で分かります。
また国賊自民党は、東電から7億もの献金をうけて安全性を誤摩化して来た、犯罪者政党です。

2006年12月13日 衆議院議員 吉井英勝
巨大地震の発生に伴う安全機能の喪失など原発の危険から国民の安全を守ることに関する質問主意書
http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a165256.htm

2006年12月22日 内閣総理大臣 安倍晋三
巨大地震の発生に伴う安全機能の喪失など原発の危険から国民の安全を守ることに関する質問に対する答弁書
http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b165256.htm

1-4
Q(吉井英勝):海外では二重のバックアップ電源を喪失した事故もあるが日本は大丈夫なのか
A(安倍晋三):海外とは原発の構造が違う。日本の原発で同様の事態が発生するとは考えられない
1-6
Q(吉井英勝):冷却系が完全に沈黙した場合の復旧シナリオは考えてあるのか
A(安倍晋三):そうならないよう万全の態勢を整えているので復旧シナリオは考えていない
1-7
Q(吉井英勝):冷却に失敗し各燃料棒が焼損した場合の復旧シナリオは考えてあるのか
A(安倍晋三):そうならないよう万全の態勢を整えているので復旧シナリオは考えていない
2-1
Q(吉井英勝):原子炉が破壊し放射性物質が拡散した場合の被害予測や復旧シナリオは考えてあるのか
A(安倍晋三):そうならないよう万全の態勢を整えているので復旧シナリオは考えていない

そして、集票しか考えていなのが国賊自民党です。
先の選挙では、反原発を言って当選した自民党議員は非常に多いですが、安倍晋三原発の新設に言及しても反論すらしていません。
票さえ取れれば、嘘も平気で言えるのが国賊自民党であることが明確に分かります。

国賊自民党の捏造はこれに留まらない。
はやぶさ2号」の打ち上げが遅れたのも民主党の仕分けのせいだと言う大嘘があります。
自民党政権で「はやぶさ2号」を安く打ち上げることを考え欧州のロケットに乗せてもらうことも検討していた為に、打ち上げ時期をのがしてしまったと言うのが真相。
ところが、仕分けが原因で打ち上げが延びたと言うのだから、元弁護士の売国奴谷垣は異常です。
この様に常時嘘ばかり言うのが国賊自民党です。

我々国民は、国賊自民党に騙されない様にする必要があります。