真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

アメポチ改憲に国民も自衛隊員も全員NO!を突き付けるべき

安倍晋三は、アメリカを国家元首と思っています。
安倍政権発足後にアメリカに連絡をして「憲法改正をしようと思っています」と連絡しています。
天皇陛下には一切相談せず、アメリカには相談するのが安倍です。安倍からみて元首は天皇ではなく米国なんです。

自民党憲法改正の主張
・海外派兵を合法的に行いたい
・米軍その他に給油活動を合法的に行いたい
・米国に向かって行くミサイルを撃ち落としたい
これが、安倍や自民党のこれまでの主張です。
本来改憲は国内の問題ですが、米国に連絡をし「改憲しようと思っています」と安倍が打診しています。
防衛大臣は、「自衛隊と言うと日本を守るだけのものと自衛隊員も思い込んでしまうので、名称を変更して海外にも出せる様にしたい」と明確に述べています。

アメリカの要望によりそい易くするだけの改憲は、ますます属国化をします。
また安倍は支那に無償ODAを行い、FTAにも入れて解放軍の軍拡に協力する犯罪者です。黄砂対策費も環境支援も支那を助けます。
これでどうして日本が強くなるのか?

竹島周辺の海洋調査主権を巡ってのチキンレースでは、呆気なく韓国に土下座をしたのも安倍です。
自衛隊があってもなくても同じなら、自衛隊が可哀想だし改憲の必要はありません。
軍の最高責任者である安倍が、民団系パチンコ屋と癒着していて、「韓国と兄弟の様になりたい」と言っているのでは無意味です。
安倍家が韓国人パチンコ屋に下関の事務所を無償提供してもらって来ていて、真の防衛などある訳もない。
安倍の家の土地が元々民団系パチンコ屋のもので、どうして最高指揮官が勤まるか?
自衛隊員は、全員もれなく安倍にNO!を突き付けるべきだ。