真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

慰安婦問題、失点を繰返す自民党の外交を斬れ!

★韓国、国連委で日本に謝罪要求 慰安婦を柱に演説
http://www.excite.co.jp/News/world_g/20131012/Kyodo_BR_MN2013101201001084.html

(解説)
なぜ、この様に韓国はいつまでも日本に粘着をし、我々の血税をむしり取ろうとするのか?
それは、自民党の外交策から来ていると断言する。

今期の安倍政権で、訪米をした際に、安倍は次の様に述べている。
「私は、今まで河野談話を撤回する様に言ったことは一度もない。談話については歴史研究家に任せるべきだと以前から言ってる。」

国会に於いては慰安婦について「可哀想なことをした。」と発言した。

選挙前は、私が総理になったら「河野談話を撤回する」と虚勢を張ったが、オバマには「その様なことは一度も言っていない」と説明している。
この、どうしようもない曖昧な外交こそが、韓国がいつまでも粘着して来る理由である。

また自民党は、韓国に完全に馬鹿にされている。
それには明確な根拠があります。
民主党が、韓国のイの天皇陛下侮辱発言と、竹島上陸を受けて「経済制裁すべきだ!」と主張をした。
ところが、国会では民主党に同調せず自民党は「韓国との関係が大事だ」を連呼したのである。

この様な保守政治の足を引っ張る国賊自民党を、韓国は怖くもなんともないと思っている。
それまでの外交も驚くばかりである。

侵略者の韓国に時価5億ドルを支払い、事実上竹島を献上してしまっている。
それどころか、暫定水域も献上したのも同じで韓国の横暴に抗議もしていない。
右翼団体が騒ぐまでは、教科書に竹島の記述すら載せず、我々国民を騙そうとして来たのが自民党である。

韓国に技術支援を行い、自動車や半導体、家電などが生産出来る様にしたのも自民党であり、日本企業の敵をわざわざ育てて来たのである。

これだけ明確な反日政党である自民党を保守と捏造する者は、政治や歴史を知らない愚民だと言えるだろう。

(関連資料)
慰安婦記録「軍強制」の詳細開示 公文書館河野談話の原資料
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20131006/Kyodo_BR_MN2013100601001939.html

第一次安倍政権で、安倍が訪米した際に、軍の強制があったと語ってしまっている。
これは、大きな失点としか言い様がない。
河野談話より、さらに明確に日本が悪いことになってしまった。

中には、新たに賠償に応じたら?と言うトンデモな人もいますが、我々国民の税金や利益を無駄にすべきではないです。
竹島や暫定水域だけでも、莫大な損失です。
日本の漁民の手に魚場を帰してやる努力を自民党はすべきです。