真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

青山繁晴が、誹謗中傷されているとアピっている件

これまでの青山繁晴の評論、
小泉、安倍、福田、麻生政権をボコボコに叩きまくる。

かと思えば、
鳩山、菅、野田政権をねつ造をしながら、誹謗中傷する。

そして、
なにか裏取引があるのか、第二次安倍政権のヨイショをしまくる。

そんな青山繁晴が、誹謗中傷されているとアピールしているから笑えてくる。
一体誰が、真実を語らず、誹謗中傷をしているのか?

具体例、
「福島の原発事故は人災である」と青山は語る。
真実は、地震津波から来る電源の喪失で、自動制御ができなくなったことにより、炉心がむき出しになった。
これを十分な裏取りもせずに、人災だと主張したのが、青山。

人災と言うのなら、IAEAの改善勧告を無視して、ついには事故にまで発展させた自民党の方だろう。

原発推進費の仕分けはあったが、安全対策費の仕分けなどなされていない。
しかも仕分けの適応は、翌年からになり、原発事故となんら関係などない。
正義の味方なら、ここもフェアに言うべきである。

青山がタチが悪いのは、民主党を正論から叩けないと、ネタをねつ造をしてまで批判したことだ。
関西テレビニュースアンカーの視聴率確保の為にも、できるだけショッキングなニュースにしなければいけなかった訳だが、叩きネタがねつ造なのには飽きれるほかない。

青山の嫌らしい煽動例をほかにも書くと、麻生政権の時には、拉致問題に取り組もうとしていないと批判をしておきながら、民主党拉致問題解決の為に北と接触したら「支持率をあげるため」だと酷評した。

やらなければ、やらないで批判をするし、民主党がやろうとしたら「支持率をあげるため」だと言うのは嫌がらせでしかない。

青山は、安倍が首相官邸に膨大な資金を投じて改造しておきながら投出をしたのは、税金の無駄だと述べた。
だが、今は憶測を事実の様に語り安倍を擁護し続けている。
青山の心境の変化に、なにが影響したのか、推測するに容易い。

通名で多いと言われる青山のねつ造には、こんな酷いものある。

民主党政権が、わざと中国人を尖閣諸島に上陸させたと言うねつ造。

海上保安庁は、中国の船を取り押さえるために左右から挟み撃ちにしたが、
間を抜けていった抗議船があると述べている。

この証言は、民主党政権から上陸させろなんて指示は出ていなかったことを裏付けている。