真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

原発、民主党への批判は、捏造情報と思い込みを信じた結果

<菅官房長官福島原発調書で枝野氏に反論
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=voice&id=3051076

私は、なぜ自民党狂信者の論に、捏造や間違いが多いのが、とても疑問に思っていた時期があります。
自民党狂信者の多くが、2ちゃんねるの、ニュー速などが情報源で、そこには捏造が沢山記載してあります。

以前、ソースをもって反論したことがありますが、まともな反論が戻ってこない。
自民党狂信者のレスも、殆どが1行や2行程度で、携帯やスマホで書き込んでいることが多い。

正しいソースを張っても反論がないのは、自分の言いたいことを書きなぐっているだけで、何が真実か知りたい訳じゃないってことです。

本ニュースでも、ミンスが!ミンスが!とそればかりで、民主が悪いと思い込みたい。そう言うことにしたい。と言う願望作用が働いています。

社会正義の観点から戦うなら、自民党が誤摩化して来た原発の安全性や、自分の失策を、菅直人のせいにして目くらましをした安倍こそが罪人です。
事実を見極めず、捏造を信じてミンスが!ばかりの論に、社会正義はありません。


自民党狂信者の多くは、自分が人より能力があると思っていますよね?
他党の支持者より、めちゃくちゃ頭がいいと。
それなら、自民党の手のひらの上で踊っている様な器じゃない筈です?
自民党の嘘が見破れる側ではありませんか?

能力があるなら、自民党に利用される人生から抜け出すべきです。