真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

タックルで放送されたオスプレイの情報を求む!

以前、テレビタックルで、共産党の議員が自民党の議員に切り込んだ話があります。

内容、
自民党が、民主党に対して、オスプレイの問題を指摘。
すると共産党が、かつての自民党政権からオスプレイの配備は決まっていたのが真相。
それを国民に公表しないから、民主党になってから問題が吹き出た様にみえているんだと指摘。

つまり国民に公表せず、水面下で進めて、問題点を告知していない自民党が、
責任転嫁するのは、おかしいと言う指摘をしたんです。

残念ながら、録画してなくて、ガイキチ yahho との議論で突っ込まれている。
共産党が、この情報を掴んだことって、どこかで公表していないですかね?

ちなみに、共産党オスプレイへの指摘に対して、自民党は反論出来ていない。
バレたことが、ヤバイと思ったんでしょう。

こう言うのが、ニュース記事になればいいのだけど。


ご連絡先、

社会正義のために是非参加を!
正義派、保守派、愛国左派も、コミュに入って愛国活動をしましょう。

「真実の政治家 保守派通信」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4192418
コミュIDは、良い国、良い輪と覚えて下さい。
☆反民主のコミュではありません。その枠を超える政治の見方をします。

自民党反日政党です!」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5384125
自民党売国をただし社会の正常化を!


共産党支持者から情報提供があって解決しました

実際テレビでは強烈なシュートの様に切り込まれ、自民党が反論出来なかったが、
これが文章だと想像しづらいかも知れない。


☆配備方針隠ぺい
 「オスプレイの能力について、わが国の安全保障にどのように貢献するか、政府が誠意を持って説明していく必要がある。その努力が足りない」
 米垂直離着陸機オスプレイの沖縄配備について安倍氏はこういって野田政権を批判します。
 しかし、沖縄県民の怒りは“説明不足”に対してではなく、「これ以上の基地負担を断固として拒否する」(沖縄県民大会決議、9月9日)という県民総意が踏みつけにされているからです。
 もともと自民党は、米軍普天間基地宜野湾市)を「移設」と称して名護市辺野古への新基地建設を進めてきた張本人。オスプレイ配備をめぐっても米側の方針を隠し続け、沖縄県民を欺いてきました。1996年に米側が正式に伝達していましたが、防衛庁(当時)は「承知しているわけではない」とうそぶいてきました。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-10-06/2012100601_04_1.html