真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

自民党の売国を叩き切れない保守派はいない 当選したくば自民の売国をぶった斬れ!

★田母神氏、東京12区で出馬へ=次世代が追加公認【14衆院選
 次世代の党は28日、衆院選追加公認候補6人を発表した。いずれも新人。党最高顧問の石原慎太郎氏に近い元航空幕僚長田母神俊雄氏を、東京12区で擁立する。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&id=3162553

(解説)

自身の著書「アメリカをいつまでもアテにするな!」があり、媚米は国力を弱めると力説しているが、都知事選の時には、アメポチ改憲を推進する安倍を支持していた。

保守派と言うなら、自民党売国に迎合するのではなく、ぶった斬る側に回るべきである。

田母神は、クラスター爆弾の重要性を訴えて来たが、破棄を決めた自民党の擁護をして来た。
逆に中国のステルスに対抗する為にF-35の購入を決めた民主党を批判するなど、イミフな行動もしている。
中国の軍拡を鈍化する為に、中国製品の関税0化を改善したり、ODAの削減提案をしたり、レアアースの一国依存の脱却を推進して来たのが民主党である。

なにをみて来たのか?
保守派だと言うのなら、一本筋の通った主張をすべきである。