真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

個別自衛権すらも満足に行使できない反日安倍自民 媚韓政治を支持するのは韓国人だけ

★韓国が安倍総理の指令を受けた竹島調査船に対して撃沈命令!
竹島問題】盧武鉉前大統領、日本の測量船の撃沈を命令=テレビ朝鮮[09/26]

独島周辺海域の水路測量という名目で、日本が海上保安庁所属の測量船2隻を派遣しようと試みた際、当時の盧武鉉ノ・ムヒョン)大統領が日本の測量船を撃沈してでも独島を防衛しようとしていたことが関係者の証言から明らかになった。
テレビ朝鮮が25日に報じた。

2006年4月14日に日本政府(自民党安倍内閣)が独島(日本名:竹島)周辺水域に測量船を派遣するとIHOに通告。
これに対し、韓国の海洋警察は西海と南海の警備艦を独島沖に派遣、合計18隻で第3次海上防衛線を敷いた。
この際、盧武鉉大統領は、日本の測量船が韓国の領海内に侵入した場合は警備艦と衝突させ、撃沈せよと命じた。

詳細 2012/9/26
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/09/26/2012092600885.html

(解説)

個別自衛権すらも行使できない媚韓派安倍では、日本は守れない。
結局、安倍はノムヒョンとのチキンレースに故意に負けて、逃走する訳だけど、外交カードすら切っていない。

もし、相手が一発でも撃ってくれば、「正当防衛射撃」や「個別自衛権」の行使をして、応戦することができた。
また、この件を騒いで、国際司法裁判所に「これは国際紛争です!」と申し出て、韓国を強制出廷させることも出来たし、国連に調査団の派遣を依頼することも出来たでしょう。

切れる筈の外交カードをなにも切らずにいるのでは、自衛隊が存在している意味すらもありません。

反日自民党の政策フォーマットは決まっています。
かつて竹島が侵略された時も、巡視活動の停止を命令して、故意に韓国に侵略させました。
これまでは、竹島によじ登る韓国人を引きずり降ろしたり、韓国旗を撤去していたのに、これ以上やらない様に指示をしたんです。

こう言う信じられない売国が起きるのも、岸、安倍の父親、安倍自身が、民団パチンコに支援を受けて来たことと大きな関係があります。
安倍の父親が、韓国人に事務所を無償提供されて来たり、安倍の家が韓国人パチンコ屋の敷地にあったり。
ようは、韓国人に支援してもらっているから、領土問題にも力が入らない。

いくら保守のふりをしても「韓国と兄弟のようになりたい」と語る売国奴では、無駄です。

★実は韓国を愛しまくっている安倍総理―韓国大好きエピソード集
http://matome.naver.jp/odai/2138529940275349201?&page=1

安倍晋三が地元のリトル釜山フェスタで韓国料理を堪能
http://blog.livedoor.jp/googleyoutube/archives/51783523.html


日本の自衛隊を韓国のはじめる戦争の玩具に差し出す左翼安倍

★「韓国に行ったら、『日本の集団的自衛権行使は韓国のためだ』と伝える」

 16日午前、米国の保守層に影響力を持つ米シンクタンクヘリテージ財団」のジム・デミント所長は、官邸に安倍晋三首相を訪ね、自身の意向をこう伝えた。 
これに、首相は「集団的自衛権行使で韓国と戦争になることは、百パーセントない」と応じた。

(中略)

 米政府内には、日本の集団的自衛権朝鮮半島有事の際に、韓国の要請を前提に適用できるようにしたいとの構想がある。 
日本の集団的自衛権によって日米同盟を進化させるのみならず、日米韓3カ国の同盟ネットワークを構築するという発想だ。こうした青写真も描きつつ、日本の集団的自衛権が韓国にもたらす安全保障上のメリットについて、いかに韓国の理解を醸成するか、米政府にとっても課題となる。 
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140518/plc14051816140006-n2.htm

媚韓派安倍を愛国者と言うのは、反日の韓国人からみての視点で愛国者です。


社会正義のために是非参加を!
正義派、保守派、愛国左派も、コミュに入って愛国活動をしましょう。

「真実の政治家 保守派通信」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4192418
コミュIDは、良い国、良い輪と覚えて下さい。
☆反民主のコミュではありません。その枠を超える政治の見方をします。

自民党反日政党です!」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5384125
自民党売国をただし社会の正常化を!