真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

慰安婦問題、争いが継続するのは韓国人の蒸し返しと嫌がらせから

★「慰安婦を強制連行した証拠はない」8700人が朝日新聞を提訴=韓国ネット「何よりの証拠がある!」「韓国政府が何も言えないのは…」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150127-00000030-rcdc-cn&pos=4

(解説)

しかし、このニュース記事をみると驚きますね。
韓国人は、なぜ争いが継続しているか、自覚がないのでしょうか。

アメリカで、慰安婦像をどんどん増やして日本人や企業に嫌がらせを繰り返していたり。
フランスの漫画展に慰安婦問題を持ち込んで、嫌がらせしたり。

汚い誹謗をもってしてユスリやタカリみたいな行為を繰り返す。

国賊自民党が、5億ドル支払って、韓国は請求権の破棄をした訳でしょ?
条約の不履行なみたいな感じで、何度も何度も蒸し返して本当に気分が悪いです。

そもそも韓国で慰安婦の実態調査があった時に、挺身隊に参加したことを述べており、それじゃ賠償に繋がらないということで慰安婦だと後付けでされたことも問題です。

今韓国で、えげつない韓国政府の扇動に騙された愚かな国民は、挺身隊と慰安婦の区別すらつかないのでしょう。

本来であれば、自民党もバッシと!いってやるべきなんですが、腰が引けているんです。
河野談話の虚構が明らかになった直後に、河野談話堅持を述べているのは、実に情けない。

で、韓国人は日本人が謝ることが大事だというが、自民は中国韓国に50回以上も謝罪をしている。
何度謝っても、同じことをいってるのは、タチが悪い。