真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

対ロシア外交、左翼自民には普通の日本人の価値観が欠如している!

☆日ロ会談「がっかり外交」=民進・野田氏
 民進党野田佳彦幹事長は26日の記者会見で、第2次政権発足から4年を迎えた安倍晋三首相の経済運営について、「デフレから脱却しているわけではない。金融政策で鳴り物入りでスタートしたが、結局それだけだ。足りないから財政政策に頼るようになった」と批判した。先の日ロ首脳会談についても「ずいぶん期待値は高かったけれど、がっかり外交の典型だ」と指摘した。 
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=4359598&media_id=4&from=shared_ranking

(解説)

野田さんが、いうとおり、がっかり外交ですね。
反日極左自民党には、普通の日本人の価値観が欠如しています。

まず、ロシアの銀行に40億円入金して、のち100億円の支援を用意している訳です。
それでも、領土にミサイル配備をロシアはする訳じゃないですか?
普通の人間なら、外交の場で抗議しているでしょう。

「ミサイル配備、これは一体どういうことなのですか!」

くらい常識ある人間ならいうでしょ?
支払っている大金は、国民の税金ですよ。

幼稚な外交をひたすら隠す為に必死で、嘘をつく極左自民は、中共の悪質さと酷似している。

そしてロシア外交の失敗から、媚米外交路線に戻して、真珠湾慰霊をした訳です。
それなら、最初からロシアに大金なんて献上せず、単に媚米外交でよかったんじゃないですか?
あっちふらふら、こっちふらふら…って感じです。

韓国のパクに、左翼安倍が10億円献上したのでだって、パク救済の為でしたが、失脚しますね。
無意味な外交と、血税の浪費。
そして、我々国民には、負担増。なさけない外交です。

慰安婦の件も、真珠湾慰霊も、ロシア外交も、
これでまた、日本の教科書に自虐史観が、一層のこと定着してしまいます。
何も戦後体制の脱却がありません。