真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

憲法問題、現行憲法の正しい解釈を国民はどれだけ知っているのか?

☆<憲法9条問題>徴兵制、女性自衛官の実戦、高齢者の任務、安倍総理の止まらぬ暴走
「そんなエキサイトしないで。答弁の最中なんですから。議論するのであれば、みなさんの案を憲法審査会に出していただいて、とずっと申し上げているわけであります」
 安倍首相は9日、参院予算委員会民進党蓮舫代表の質問に答えている最中に同党議員らから激しくヤジられ、同党に憲法改正の対案を出すように迫った。なぜ、国民の合意なき改憲を前提に、野党が対案をひねり出さなければならないのか理解に苦しむ。
 発端は憲法記念日の3日、都内で開かれた改憲派集会に安倍首相が寄せたビデオメッセージだった。唐突に東京五輪が開催される2020年の改憲を目指すと宣言したのだ。
《私たちの世代のうちに自衛隊の存在を憲法上にしっかりと位置づけ、「自衛隊違憲かもしれない」などの議論が生まれる余地をなくすべきであると考えます。(中略)9条1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込むという考え方、これは国民的な議論に値するのだろうと思います》
 と述べて憲法9条改正の私案を示したのである。(略)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=4582854&media_id=235

(解説)

結論から言えば、安倍自民は、米国への戦争加担の為だけに改憲をする。

現行憲法に於いて出来ないのは、侵略戦争だけです。
それ以外のことは、全て他国と同じ様に出来るのが、正しい解釈です。

竹島も故意に韓国に譲渡をしたのは、国賊自民党です。
韓国が、竹島に上部建造物を作る際に、海上封鎖をして、建築資材をあげさせなければ、現在も立派に日本領です。
(不法占拠は、避けられた訳です。)
海上封鎖の行為は主権維持であり、戦争放棄条項とは関係ありません。
相手が一発でも銃を撃てば、正当防衛射撃で、韓国の艦艇を撃沈することも出来ます。

戦争ではなく、事変、事件、と言う名称で処理出来ます。

出来ることをやらないのが、国賊自民党です。
では改憲したら、竹島を取り戻すのでしょうか?
韓国と兄弟の様になりたいと妄言を吐く安倍が、取り戻す訳もありません。

そもそも軍隊が強いのかどうかは、最高指揮官の性質と大きく関係があります。
むしろ憲法よりも、そっちの方が大事なくらいです。