真実の政治家 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

米「サイダーの栓」論を聞いても日米安保を妄信する自民狂信者!

在米軍司令官が述べた「サイダーの栓」論。
これは、米国、及び、米軍が、日本に対してどの様な役割を果たしているか明言したものだ。

米国、及び、米軍は、日本監視して日本の力が大きくならない役割を果たしている。
もし、日本から米軍が撤退すれば、あっと言う間に日本は軍事力を拡大する。
世界は、日本の軍事力が大きくなることを望んでいない。

米国、及び、米軍が、果たしている役割は、サイダーの栓と同じだ。
抑えがなくなれば、サイダーが瓶からあふれる様に吹き出して来る。
そうならない様に、米軍があるのだ。


これを、在米軍司令官が述べた訳だが、米国人の価値観を象徴するものだと言える。
こうした意見を聞いても、日米安保を妄信しておけば、すべて日本に良い風が吹くと思い込んでいる、左翼(右派ではない)自民党狂信者は一体何なのか?

米政府の地図に、長年、竹島が韓国領と明記されていても、何ら問題がないとする、左翼自民党とその支持者たち。
我々日本国民は、左翼である自民党とその支持者たちに騙されるべきではない。

ニクソンが、自民中曽根に対して、対潜哨戒機と、早期警戒機の国産をやめる様に電話で申し込んだら、中曽根は落胆しながらも、同意する。
そのニクソンは、米飛行機会社から裏金をもらって、日本に軍用機を売り込む様に頼まれていた訳だが…
この様に、米国が金儲けする為だけに、日本そのもの、日本の政界が、いい様に利用されて来たのが実情だ。

国会で、何度も念仏の様に自民党が発言して来たこれ、
「米国に向かって行く、ミサイルを撃ち落としたい。」

そして、はれて左翼安倍が、国民の血税から地上型イージスを購入する訳だ。
米国に向かって行く、ミサイルを撃ち落とす為に…