真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

日本の食直撃、左翼自民の物価上昇指示で質悪化の真実!

今日、某有名なトンカツ屋さんに入ったのですがビックリです!
なんと、トンカツのサイズが、2〜3センチも小さくなっており肉の質も落ちている。

私は、店員とこんな会話をしました。

☆私
あのー、以前に比べるとトンカツのサイズが随分と小さくなりましたが、アベノミクス効果ですか?

○店員
アベノミクスですか?

☆私
ええ、自民安倍が物価上昇指示をしているので、各分野でコスト高じゃないですか?
帳尻合わせるのに、どこかでコスト抑える努力しないといけませんよね?
だから、トンカツのサイズが小さくなったのだと思いますけど…

と言う感じです。
店員は、確認して来ますと言いましたが、新人ってこともあり、そこまでしなくていいですよと言いました。

・・

左翼自民の支持者など、何も実感はないのでしょうか?
ファミレスのハンバーグの直径が小さくなったり、厚さが薄くなったり…
某有名ラーメン店では、唐揚げの数が減らされています。
マックのフィレオフィッシュのチーズが、一枚から半分に…

工業製で言えば、ネジの数を減らして組み立てるとか、物価上昇に伴い経営努力が強いられています。
私は、思います。
狂信者が、土建屋優遇、在日特権及び、交付緩和、帰化緩和策からなる参政権の付与、総連・民団の免税、など自分の財布を暖める目的だけで自民を支持していますが、お陰で日本国民が迷惑しています。

自民及び、狂信者のせいで日本の食生活の質が落ちています。