真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

左翼自民の「アメポチ改憲」で国民を何時まで騙す?

もう、この問題に屁理屈はいらない。
そう思いませんか?

一体何時から改憲の話が出たのか?
それを考えれば、左翼自民の真意なんて誰でも分かるでしょ?
小泉の時に、米国に人的な貢献をしろ!と言われて、改憲論が高まったでしょ?
単に、米国の要望に、より一層そい易くする為の改憲でしかない。

歴代自民の総理が、米国に行くと、改憲しようと思っているんです!と述べる。
これは、もう少しで米国の要望にそえますよ!と挨拶なんです。

売国政党と言われたくないからミサイル問題を引き合いに出して、話のすり替えをしているだけ。
異常な狂信者の、アクロバットな擁護にも飽き飽きしました。

ずっと長年に渡り左翼自民が、主張しているのが下記。

・米国に向かっていくミサイルを撃ち落としたい
・米艦船が攻撃されていたら助けたい
・合法的に米軍などを後方支援したい
・合法的に米軍などに給油活動をしたい

北問題を出して、話のすり替え、トリック、もういらない。

売国奴安倍が、小泉と一緒に、北に1兆円以上も無償献金して、
総連系パチンコを違法化もしない。
さらには、総連や民団は免税のまま。

売国奴安倍が、在日特権交付緩和までして、帰化緩和策から反日思想のやつまで参政権を付与している。

そもそも、左翼安倍自身、ミサイル問題など真剣に考えていない。
茶番は、もう十分です。

それまでの、アメポチ協力が、仮の法案からなるので、改憲して合法にしたいだけ。
これが改憲の本筋。あとは目くらましに過ぎない。
目くらましは、愛国者を騙すデコイ(囮の物体)です。