真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

反日の外国人とグル、左翼自民・公明は自作自演では?

☆安倍首相「(ヘイトスピーチは)日本をおとしめることにつながる」 啓発強化の考えを示す

安倍総理大臣は、衆議院予算委員会の基本的質疑で、ヘイトスピーチと呼ばれる民族差別的な言動について、
「みずからをおとしめ、日本をおとしめることにつながる」と批判し、解消に向けて啓発活動を強化していく考えを示しました。

この中で、公明党の国重衆議院議員は、ヘイトスピーチと呼ばれる民族差別的な言動について、
「聞くに堪えないばり雑言を吐いて街を練り歩く街宣活動をしても、人種集団全体に向けられたものであれば現行法での対処は著しく困難だ。
法整備は正当な言論活動まで規制、弾圧される危険性があり慎重な検討が必要だが、
『人種差別は許さない』といった理念法も考えられる」と指摘しました。

これに対し、安倍総理大臣は「そういう発言があること自体、極めて不愉快、不快で残念だ。
発言自体が実はみずからをおとしめ、日本をおとしめることにつながる。
現行法の適切な適用のほか、啓発活動により差別の解消につなげていくことが重要だ。
理念法の立法などさまざまな議論があるが、立法措置は各党における検討や、国民的な議論の深まりを踏まえて考えていきたい」
と述べ、ヘイトスピーチの解消に向けて啓発活動を強化していく考えを示しました。
また、安倍総理大臣は、沖縄県尖閣諸島の周辺海域で中国の公船による日本の領海への侵入が相次いでいることについて、
尖閣諸島は歴史的にも国際法上もわが国固有の領土で、現にわが国は有効に支配している。
尖閣諸島を巡り解決すべき領有権の問題はそもそも存在しないことは明らかだ。
国際法にのっとって主張し、力によって現状変更を試みようとしてはならない。
たび重なる領海侵入は極めて遺憾で、わが国の領土、領海、領空は断固として守り抜くとの決意のもときぜんかつ冷静に対処していく」
と述べました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150223/k10015665421000.html

(解説)

日章旗自衛艦旗を土足で踏みつけたり、火をつける反日の韓国人。
なぜか左翼安倍は、日本人だけを黙らせて、反日の外国人を黙らせようとしない。

これまで左翼自民の支持者は、故意に「在日ガー!」と大声で叫んで来た。
これは、在日問題があることを、日本国民に印象付ける目的でなされて来たものだ。

そして、おきまりのコースが、左翼自民による在日への待遇改善である。
在日がヘイトを受けている、虐められている、と言う演出だが、これは自作自演でしょう?
在日ガー!と大声で言っているのが、自民党狂信者な訳で、問題を改善するのも、自民党です。
同じ一派じゃないですか?

長年、在日特権を交付して来たのが自民で、交付緩和までしている。
日本人には増税の話ばかりであるが、民団や総連は、免税のままである。

さらに、尖閣諸島に関しては、左翼安倍が、中国には中国の言い分があると明言した。
これは、中国からみて問題があることを認めるもので、安倍のお墨付きになる。
左翼安倍の発言以降、中国は尖閣諸島は中国領だと、大袈裟に宣伝する様になった。

中国は武器販売をして金儲けをしているが、そこに大金を支援しているのが、左翼安倍自民である。

こうした左翼に投票している側にも問題があって、日本の将来をぶち壊す結果になっています。