真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

野党側はマスコミの偏向を警戒せよ!印象操作から与党向きじゃないことに

☆立憲、辺野古移設は再検証=基本政策、原発ゼロも明記

 立憲民主党は28日の持ち回り役員会で、党の基本政策を決定した。米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設について「再検証する」と明記。「県民の理解を得られる道をゼロベースで見直す」として、移設工事を進める政府との違いを際立たせた。

 長妻昭政調会長は記者会見し「今のまま政府がごり押しで突っ込むと、大変な軋轢(あつれき)が生まれる。いったん立ち止まるべきだ」と強調した。

 立憲は来年の通常国会原発ゼロ基本法案を提出する方針。基本政策には建設・計画中を含む原発の新増設中止を盛り込み、「40年廃炉原則を徹底し、急迫かつ真の必要性が認められない再稼働は認めない」と明記した。 
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=4924037&media_id=4&from=category_news

(解説)

先の選挙の時もそうですが、立憲民主などが、経済や雇用について言及しても、発言がなかったことに…(呆)

都合よく発言が切り取られて、戦争法案や原発に、反対しかしていない政党に偽装されています。
国民は、これではいい印象を持ちません。

そこで野党側が、努力して主張すべきことですが、経済や雇用などに言及した部分を削り落とさない様に、声をあげるべきです。
人々が一番気になっているのは、景気や生活のことなので、ピントズレしているかの様な印象操作は、大変な損失になります。

支持者の側も、野党側をうまく支えてあげて欲しいです。