真実の政治家 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

立憲民主、ぶら下がりでは良さ伝わらず?

《新年の挨拶》立憲民主党枝野幸男代表 年頭ぶら下がり会見
https://www.youtube.com/watch?v=MtHDDAp-FFA

(解説)

枝野氏は、やりたいこの柱を幾つかあげたが、
この表現では、良さは伝わらなかったと思う。

枝野氏は、国民からの意見を吸い上げる仕組みを作ると述べている。
本来なら、この中身が一番大きく報道されるべきだが、マスコミ各紙そうしていない。

国民からの意見… その中に…
アベノミクス不発の解消
社会保障問題への充実
・左翼安倍が公表する建前ではない、雇用の改善と安定

などなど、あると思われるが、この辺りは改めて国民に意見を聞かなくて良いくらいじゃないですか?
あとは、派遣制度についての考え方とか、生の声を反影させるには、確かに意見を聞く必要はありますが。

枝野氏は、まず国民の意見を聞いてと思ったのかも知れませんが、新年からバーン!と決めるくらいが丁度いい。
マスコミからの質問が、選挙協力のことばかりになっていて、質問に引っ張られている。
私としては、アベノミクス不発の解消に言及して欲しかった。

動画についている、自民党狂信者のレスが程度が低く、嫌らしい嫌がらせでしかない。