真実の政治家 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

米軍沖縄基地、建前だけの同盟はおかしい

日本政府が「尖閣諸島は、日米安保の適応範囲か」と質問すると、適応の範囲であると回答する米国。
同時に外交ルートでは「尖閣諸島問題は基本的に日中間の問題であり、米国は不干渉である」と明言して来る。

日米安保あり、と言いながら外交交渉ですら、領土返還に協力しない米国。
米政府の地図には、竹島が韓国領だと記載されているが、本腰を入れて抗議もしないのが、左翼自民である。

さて、本題にもどり、米軍基地がなぜ沖縄にあるのかと言うと、日本の防衛の為ではない。
アジア各国に展開している米軍支援の為に、沖縄基地がある。
沖縄基地の役割は、後方支援、バックアップの役割である。

日本主導で戦争を起こして米軍に付き合わせることは、まずない。
米国主導で戦争が起きて、日本が付き合わされるばかりである。

思いやり予算を支払いながら、さらに別枠で米軍を助けるとする、集団的自衛権
大金を払いながら、助けさせて頂きます!と言うのだからある意味凄い。

かつて、米国の利益の為に、対潜哨戒機や早期警戒機の国産計画が、つぶされてしまった。
実にバカバカしい内容で、ニクソンが米飛行機会社から、大金を受け取っていたことから日本が犠牲にあったのである。
そして、トランプ来日直後に、国産ステルス機の開発が頓挫する。

これは、日本の防衛の為と言うよりも、単に金儲けに利用されているだけに過ぎないことが明確に分かる。

防衛型弾道弾を配備して、米軍依存度をさげるべきである。
通常型の弾道を保持して、その使用を憲法の範囲とし、先制攻撃に使用しない条文を設ければいい。
これで、米軍の核の傘への依存度が著しくさげられる。