真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

左翼安倍は本当に潰瘍性大腸炎なのか?

海外に超巨額バラマキがなされる中、難病患者へのサービスが落ちている。
(難病患者の負担増がなされている。)
普通、自身が難病であれば、人の痛みが分かる政治になる筈であるが?
そうならないのは、一体なぜなのだろうか。

過去、安倍が3億円脱税事件が問いただされたことがある。
安倍は、野党の追求を時間切れにしたいと考えていた。
しかし、脱税の件があともうちょっと言うところまで来ると…

「お腹が痛くなりました、入院します」

となってしまった。
あれは、なんだったのかと思えてならない。


参考、海外への巨額バラマキ
トランプの娘(金持ち)に、57億円も無償で献上している姿勢が実にバカバカしい。
安倍の財布から払ったらいいのではないか?

またまた、国民には圧政、海外には巨額バラマキの愚
http://d.hatena.ne.jp/shinjitunoseijika/20170718#p1

領土の返還もないのに、ロシアに3000億円
竹島の返還、慰安婦像の撤去もなく、韓国に10億円、スワップの再開
中国へは、不発弾処理新規契約、無償100億円献上など

世襲馬鹿が、外交と言うものを「大金の献上」だと間違えて、おこなっている。
これはもう戦犯と言うレベルでしょう。

ロシアや韓国が、返還を言い出して、はじめて大金の献上を検討すべきである。
左翼安倍は、駆け引きの仕方も知らないのかと。

かつての自民党も、竹島の返還のないまま、5億ドルの献上をしている。
まさに無能外交としか言いようが無い。

戦後、樺太に移り住んだ朝鮮人を、強制連行したものと事実誤認して大金を払った経緯もある。
国賊自民党が、血税を浪費する中、福祉のサービスはどんどん悪くなっている。

不妊治療の助成を42歳までに限定するのなら、海外への無駄なバラマキをやめればいい。