真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

都議会自民党活動リポート 内容は自民への大ブーメラン?

平成30年、春特集号を引用しようと思ったのですが、配布されている最新のものが、ネットに出て来ないので手打ちします。

自民の活動リポートをみると、小池に対する猛烈な対抗意識が感じられて、小池を倒して自民が都政を抑えたいと感じられます。
批判内容は、大ブーメランなので、政治に詳しい人なら大爆笑だとは思うのですが。
以下の内容が、さも野党の追求のごとく、自民の広報誌に掲載されています…

・顧問政治に反対!
知事は財政スキームが不確定なまま検討会に丸投げ。

・知事による豊洲市場の安全宣言を!
知事は、市場関係者の切実な願いを聞き入れず。

・中小企業を苦しめる入札契約制度見直しを!
知事は、中小企業の実態に耳を傾けず。

・2020大会を成功に導く輸送計画を!
知事は、渋滞予想など実態を踏まえた具体策を示さず。

・一向に浸透しない「復興五輪」!
アンケート調査では、「復興に役立たない」が52%、「理念が不明確」が63、6%

以上のことを、自民が、小池百合子のせいだとして、紙上で批判をしていますが…(はぁ?)
これらの問題って、そもそも自民がやって来たことでしょ?
なぜ、第三者目線になって批判をしているのか?

民主党政権の時もそうですが、自民の売国を、あたかも民主党がはじめたかの様に偽装して批判したり酷かったです。

私は、小池百合子の擁護をしてるのではなく、自民がやって来たことを責任転嫁しているのがおかしいと指摘しているんです。
毎度毎度、自民は成長せず、幼稚な批判ばかりですよね?

五輪が、復興に繋がるかどうかだって、おかしいでしょ?
民主党に、復興法案に協力する条件が、増税だとして見当違いな条件を出して恫喝したのが、自民なんです。
(※これは国政の方ですけれどね。)
小池の擁護なんてしたくないけど、自民の批判があまりにも酷いので飽きれてなりません。

難病患者の負担を増して、韓国人学校の推進なんて言うのをやっていたのも、自民系じゃないですか?(苦笑)