真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

左翼安倍の次は「俺だ!」と言う主張が人一倍強い「石破」

石破茂が語った「小泉純一郎」にあって「安倍晋三」にないもの
「次の自民党総裁にふさわしい人物」を問う報道各社の世論調査で、安倍晋三首相を抜いて首位に浮上したのが、石破茂衆議院議員だ。9月の総裁選を前に、いま永田町で最も動向が注目されている石破氏は、安倍政権にこう苦言を呈する。

「『安倍一強』と呼ばれる政治状況がもたらす副作用には、やはり疑問を抱かざるを得ません。私の眼には、自民党の多くが官邸に阿諛追従しているように見えます。これは、政権の意向に沿った発言をするほうがいいポストに就いたり、選挙の際に比例名簿の上位にランクされるだろう、と『忖度』することが常態化しているからではないでしょうか」
https://www.excite.co.jp/News/society_g/20180509/Bunshun_7320.html

(解説)

安倍の批判も、頻繁に飛び出すのが、石破。
安倍の次は、俺が!と言うのが、人一倍強い状態と言える。

自民の議員を、支持者の多い順に並べると、次の様になる。

1 麻生
2 安倍
3 石破

安倍支持者よりも、石破支持者の方が少ないと思うが、自民党支持者が期待する3位内には入っていると思う。

私は、防衛問題の主張から、石破をまったく信用していない(安倍もだが…)。
石破は、「F35は、防衛型戦闘機ではない、国会追求の目玉にする」と述べたことがある。

防衛型ではないから、ダウングレードにすることは、防衛上の手抜きになる。
そんなことはあり得ない。

石破支持者は、フランスの戦闘機が欲しくて、そう言ったのではないか?と擁護するが、
石破が、その様に述べた事実はない。

また、民主党議員が、復興問題で忙しく走り回る中、石破は、タイガー戦車のプラモデルを作っていた。
こうした動作を微笑ましいと思うファンもいる様だが、私は、そう思えない。

以前、石破は、「自民党が嫌われるのには、原因があるのだから、考えないといけない」と述べたことがある。
この発言自体は、自民の売国・不正を改善するかの様に感じられるが、具体的な行動が無い。
(具体的にこうすべきだ!と言う発言は、なされていない。)