真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

共産党議員の演説を聞いてため息、改善を求めたい

本日、共産党議員の演説を聞きました。
待機児童解消が、主な主張で、そこに終始していました。
子供のいる主婦からの、票を確保する為のものです。

演説を聞いて…
我々一般庶民の暮らしは、改善するつもりがないの?と思いました。

左翼安倍(右派にあらず)が、物価上昇を指示しており、コスト高が発生して値上げ値上げの連続です。
何百、何千もの商品が値上げになっています。
実にお財布に優しくない政治です。

共産党は、安易に給料を引き上げる様なことも言いますが、そうするとまた値上げ値上げになります。
普通経営者は、膨らんだ人件費を商品の価格に転嫁してもとを取ろうとします。
結局は、値上げスパイラルになるんです。

野党支持の皆さんにも、野党に発破を仕掛けて欲しいです。
庶民の暮らしがよくなる提言や政策を実行する様に、支持者も声を大きくして言って欲しいです。
支持している議員、最寄りの事務所、などに意見をぶつけてください。

比較的野党の側にいる人がこんなことを言いました。

「いくら麻生なんて叩いても、一般国民の生活がよくなる訳じゃないんだし…
どうせなら生活に関わることをやって欲しい。
政治家が、国民の助けにならないのなら、結局自分で自分を守るしかないんだから。」

との意見でした。

与党も、野党も、両方好きじゃないから無党派の人がいるのだから、
そう言った人たちの気持ちをどうやって掴むのかも大事ですよね?