真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

北問題、核実験破棄、デジャブ

☆核実験場「完全に廃棄」 北朝鮮が声明発表

 北朝鮮核兵器研究所は24日、「朝鮮労働党中央委員会第7期第3回総会の決定により、核実験の中止を透明性を持って担保するため、北部の核実験場を完全に廃棄する儀式を行った」とする声明を出した。朝鮮中央通信が伝えた。

 声明は「核実験場の廃棄は全ての坑道を爆発の方法で崩落させ坑道の入り口を完全に閉鎖すると同時に、現地にあった一部の警備施設や観測所を爆破する方法で行われ、放射性物質の漏れは一切なく、周囲の生態環境にいかなる否定的な影響も与えなかったことが確認された」と主張。「地上の全ての観測設備や研究所、警備区分隊の構造物が順次撤去され、当該構成員の撤収により、核実験場周辺を完全閉鎖することになる」とした。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180524-00000077-yonh-kr

(解説)

もう、何年も前に、同じことが報道されましたね。
しかし、北は核開発をやめてなかった。
米韓演習をはじめとする、対北軍事圧力がある以上、米国と5分5分の交渉をするには、核兵器が必要だと北は判断している。

前回同様、米国は、北は核開発をやめていないとみている。

韓国も、性懲りも無く同じことを繰り返している。
パクが、北への宥和政策から、甘やかしが起こりミサイル発射演習が繰り返されたことを指摘していた。
しかし、現代表が再び北への融和路線に戻り、9億円もの支援を決定。
外貨を稼がせる共同工業団地も再開する。

安易な、融和策から、日本も迷惑するばかりです。