真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

安倍自民、北朝鮮へ血税5兆円の無償献上は、愚かなフライングか?

北朝鮮との交渉めぐりトランプ氏が側近らにいら立ちか 米紙が報道
 米紙ワシントン・ポスト電子版は21日、非核化をめぐる北朝鮮との交渉が進展していないことに関し、トランプ大統領が最近、側近らに、いらだちを示し始めたと報じた。(略)

 同紙は複数のホワイトハウス当局者などへの取材から、トランプ氏が数日前の補佐官らとの会議で、交渉に前向きな進展がないことにいらだちを見せたと指摘。政権内部での議論に通じた関係者は、トランプ氏と政権高官らは完全な非核化の目標を「全面的には諦めていない」ものの、実現を心配していると話した。
 同紙は「トランプ氏が長く複雑な交渉にしびれを切らし、軍事的な選択肢を真剣に考えるような状況に逆戻りすることを心配する」と話す専門家の声も伝えた。
https://www.sankei.com/world/news/180722/wor1807220011-n1.html

(解説)

トランプは、米国からみて愛国者だが、日本を大きく振り回している。
振り回されている、安倍自民もおかしい。

北の核ミサイル開発成功を受け、米国に向かって行く弾道弾を撃墜する為に、陸上イージスを買わされた側面がある。
また、迎撃ミサイルも買わされた。
さらに、裏ロッキード事件同様に、国産ステルス開発が中止させられて、米国製を購入する様に仕向けられている。

トランプは、米朝会談成功の場合、大規模な経済支援があることを公表していた。
この大金こそが、安倍が血税を浪費する、5兆円のことである。
人的支援が別枠で、3.5億である。

安倍狂信者は、これで良い!とカルト宗教信者のように安倍を賛美する。
しかし現実は、北が勝手に核ミサイルを開発して、やめるのに日本が5兆円払うのは、実におかしい。
第一北がミサイル開発した経緯が完全に無視されている。

米韓演習は、北からみて大きな軍事的挑発行為だ。
北へ進行する為に、海岸からの上陸も想定しているものだ。
北は中止を再三にわたり申し立てたが、無視されて来た。
この為、米国を牽制して5分5分の交渉をする為に開発されたのが、北の核ミサイルだ。

つまり、開発の経緯は、米韓演習そのものである。
本来なら、米韓が日本に迷惑をかけた自覚が必要で、日本に大金を負担させるのは、ヤクザなやり方と言える。
ただ、媚米の安倍は、ホイホイ米国の言いなりになることも、非常に大きな問題だ。

フィリピン台風の時も、米国支援を肩代わりしたところがある。
米陸軍がコストカットを目的として、陸軍兵士5万人がリストラされたが、日本の派兵で補うつもりだ。
米国にリニア技術の無償献上、及び5000億円の献上もある。


☆イージス・アショア 2基で総額6千億円超 関連施設など含めると想定の3倍に 防衛省試算
 防衛省が地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の導入費用について、2基で総額6千億円以上となると試算していることが22日、分かった。米国から購入するミサイル発射システムや最新鋭レーダー、デッキハウス(建物)などの主要装置に加え、イージス・アショア自体の防護対策や弾薬庫など関連施設も必要となるため、当初の想定以上に費用が膨れあがった。
https://www.sankei.com/politics/news/180723/plt1807230008-n1.html

(解説)

安倍は、北の核ミサイル開発を中止させる名目で、5兆円払う。
しかし、陸上型イージスは、対北ミサイルを想定したもので、大きな防衛矛盾が発生している。
これでは、購入経緯などどうでよく、単に米国に金儲けさせる為に、税金が浪費されているのと同じではないか?

総括
安倍は、慰安婦像が撤去されないのに、韓国に10億円を支払い、日本国の教科書に自虐史観を刻んだ。
同様に、確証のないまま、北に5兆円を無償献上を決めた。
領土返還もないのに、ロシアに3000億円など、安倍外交は確証を得ないものに大金を注いでる。

愛国者、保守派は、立ち上がるべきである。