真実の政治家 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

自民安倍、治療に関する不適切な発言を改めて斬りたい!

安倍は、自身が元気であることをアピールする為に、非模範的発言を繰り返した。

具体的に言うと、トンカツ食べた、カレー食べた、朝鮮焼き肉食べた、酒飲んだ、などである。
安倍狂信者は、なにを食べようが自由だと言うが明らかに認識の間違いだ。
なぜ、これらが不適切な発言なのかを明確に説明したい。

消化器系の病気は、いずれも食事制限があるのが殆どで、疾患たちは自分の気力や忍耐力と戦っている。
医師から禁止されているものを食べれば、病気が悪化し入退院を繰り返してしまうからだ。
一般社会人は、それなりの緊張感が必要で、頻繁に入院を繰り返せば、クビ、自主退社を勧告されることもある。

安倍は、サラリーマンではないので、この辺りの緊張感がないと思う。
そうでなければ、好き勝手食べてます!とはならない。
3億円脱税疑惑の時も、追求の手が確信に近づくと、お腹痛くなりました入院しますとなってしまった。
もし、これがサラリーマンなら、会社に通用するかと言うとそうではない。

先にも述べたが、消化器系の病気は、食事制限があるので、自分の気力や根性が試される部分がある。
病気を悪化させたくない、再発させたくない、と言う人はかなりの覚悟を決めて治療をしている人もいる。

そこで模範回答を明確に示したい。

「禁止食や制約の多い病気であるが、私も医師の指導に基づき、がんばっています。
なので、同じ様なつらい思いをしている方も、是非がんばって欲しいです。」

と言う発言が「適切な発言」にあたる。
本来、人の上に立つ人間は、一般人の模範となるべきで、それなりのことを示さなければならない。
この部分が、安倍には欠けている。

食事制限のある疾患が多い中、自分は好き勝手に食べています!的な発言は、努力している疾患の気持ちを逆撫でしている。
「おいおい、総理がこれかよ?」となってしまう。
疾患たちの気持ちに寄り添う様な発言が、本来は好ましい。

石原のぶてるが、病院を視察して、チューブに繋がれた人たちを「まるでエイリアンみたいだ」と述べたのも不適切。

話はもどり、
普通人間は、自分が病気であれば、人の立場が分かる筈である。
難病患者の自己負担が増していたり、サービスそのものを切られたり、これらが自称難病である安倍の動きということが信じがたい。

安倍狂信者は、大声を張り上げて「なにが悪いんだ!」と言う。
あなた達は、人の気持ちというのが、考えられない程に劣った人間なのでしょうか?

疾患の気持ちを逆撫ですることが「適切」と思うこと自体が、人としてどうかと思う。

また、安倍が仮病と言われる理由だが…
潰瘍性大腸炎は、大腸・直腸に潰瘍が出来る病気で、禁止食の食べ放題なら、大腸全摘や直腸切除で人工肛門になる病気だ。
これでどうしたら、在日焼き肉がパワーフードとなるのか、多くの人が疑問の筈です。
だから、仮病だと言われているんです。

さいごに、子供の疾患にも悪影響があることを強く指摘して括る。
親たちは、自分のこどもに「病気なんだから我慢しなさい」と言い聞かせて、禁止食をやめる様に説得する。
もし、子供らが「なんで安倍総理は、好き勝手食べてるの?」と言い出したら、親たちも困惑する。
親たちは「自民安倍とあなたは違うの…」とも言い出しづらく、説得力を失ってしまう。

だからこそ、人の上に立つ人間の発言は、軽はずみなものではあってはならいのだ。
禁止食の食べ放題自慢など、聞きたくもない疾患は多い。
議員の給料は、税金からなのだから、嫌な気分になる人もいるだろう。

海外に巨額バラマキばかりをするのなら、難病などの疾患の負担軽減を計って欲しいものです。
外国を助け、国民に厳しいのは、おかしいでしょう。

参考

国民には負担増で圧政、海外には巨額バラマキの愚
http://d.hatena.ne.jp/shinjitunoseijika/20180707#p1


自民を支持する韓国旗をもった、おかしな人たちが、自民以外の選挙妨害