真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

安倍自民支持率、これまで支持されて来たこと自体が不思議過ぎる件

内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発
 カジノ、参院定数増、災害対応で、浮かれ安倍内閣に国民の怒りが爆発だ! 先週末に行われた報道機関による各種世論調査で、安倍内閣への批判が広がっていることが分かった。

 日本経済新聞が20〜22日に行った世論調査で、安倍内閣の支持率が前回6月調査の52%から7ポイント下落して45%に、不支持率は5ポイント上昇して47%となり、2カ月ぶりに不支持が支持を上回った。

 西日本豪雨による大災害が発生している最中に強行採決された「カジノ法」について「賛成」が27%に対し、「反対」は60%に上った。同様に強行採決された「参院定数6増法」についても「賛成」28%、「反対」56%と、反対が過半数を占めた。さらに「西日本豪雨への政府の対応」については「評価しない」が46%で、「評価する」の39%を上回った。

 気象庁が豪雨への対応を呼びかけているのに、安倍首相や小野寺防衛相らが議員宿舎で宴会を開いていたことや、災害対策担当の石井国交相を国会に張り付けて「カジノ法」を強行採決したことが影響したのは明らかだ。

 共同通信の調査でも「カジノ法」について「反対」が64.8%で、「賛成」は27.6%。「参院定数増」でも「問題だ」が55.6%で、「問題ない」は27.6%だった。

 読売新聞の調査でも両法への評価は同様で、安倍内閣強行採決したことに対して、59%が「適切ではない」と答えた。

 驕れる安倍は久しからず、だ。
https://www.excite.co.jp/News/politics_g/20180723/Gendai_477500.html

(解説)

公約・公言が一切守られておらず、逆に国民が望んでいないことを強引に法案を通していく、安倍自民。
なぜ、そんな政権に支持率が存在するのか、不思議です。

河野談話撤回、尖閣諸島に最低でも公務員、竹島式典を政府式典に、原発慎重論、TPP断固反対など、
単に選挙で票を得る目的だけで語られ、なんら実効性がありません。

一方、国民7割以上が反対するカジノ、巨額海外バラマキ、難病患者へのサービスカットと負担増、
十分浪費があるのに財政難を大義に、国民負担増の引き上げ、一般国民は虐められているが公務員は6年連続で待遇アップ。
これ、一体どう言うことですかね?完全に国民が馬鹿にされているではありませんか?

集団的自衛権も、個別的自衛権の議論をせずで、故意にアメポチを拡大している。
おまけにカジノだって議論不足です。
国民の納得より、自民・公明の独善が何より最優先されています。

選挙の投票裏率は、毎回非常に悪く、狂信者的な人が中心となって投票されている様な状態でしょう。
だから、なおさらのこと悪政が継続するのだと思います。

あと、安倍狂信者の「捏造」に簡単に騙される人が、あまりにも多過ぎています。
狂信者は、キムの取り巻き、麻原の取り巻きの様に、安倍の売国をいかに綺麗に聞かせて、日本国民を騙すかを考えており、毎日の様に捏造デマを流しています。
本来、この様な姿勢は、売国の改善にならず、売国を容認・肯定するもので、国益に反する行為なんです。
自分が、愛国者ではなく、非国民・反日だと自覚して欲しいものです。

もっとも確信犯が、反日行為だと反省する訳もありませんが…

売国を歪曲から、正当性のあるものと改ざんすることは、売国が促進・進捗することなんです。
安倍狂信者は、カルト宗教の信者と変わりません。