真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

右翼・左翼の意味、間違った日本語の横行は自民公明の愚行から

☆ 借金なし崩しは「なかったこと」? 国語世論調査
(朝日新聞デジタル - 09月25日 17:08) http://mixi.at/aeVVPMq

日本では、右翼・左翼の意味が間違って使われている。
売国改革をゴリ押しする「改革派」自民党を右翼と言うのは、完全な間違いだ。
改革派=左翼の意味なのだから、国賊自民は左翼でしかない。

右翼=保守の意味で、売国改革に反対する勢力を保守派と言う。
左翼自民は、売国改革を推進する勢力なので、右翼とは言えない。
政治も正しい表現になおして欲しいものです。

しょうもない造語が主流なんて、戦後体制からの脱却が出来ていない証拠です。
愛国者を気取るなら、正しい日本語で語って欲しいです。