真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

左翼安倍自民の焦点の定まらない防衛で、防衛費が浪費される

戦闘機1兆円
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/242648

(解説)

私は、以前、オスプレイを購入するくらいなら、F35を購入した方が意味がある。と述べ、
安倍狂信者と議論をしたことがあります。
F35を追加、追加でいくのなら、オスプレイなど税金の無駄だと思うのですが。

私:
オスプレイなど実戦では役に立たない。
買うのなら、F35にすべきだ。

安倍狂信者:
オスプレイを嫌うのは、中国人しかいない。

私:
あんなものがのそのそ飛行していたら、いい標的でしかない。
敵が黙ってみていると思うのか?
平時しか使えないんじゃ、どうしようもないでしょ?

安倍狂信者:
中国から日本に飛んで来られる戦闘機はない。
だから、撃墜はされない。
航続距離の問題を知らんのか?

私:
中国には、空中給油機があるし、空母1番艦に続いて、2番艦も建造されている。
日本のどこへでも、中国は戦闘機を飛ばすことが出来る。
オスプレイでは、敵の戦闘機を撃墜出来ない。

敵が上陸したところに、あとから兵員を輸送しても、有効ではない。
それなら、敵兵を上陸させない様に、兵員輸送艦を撃沈すればいいだけではないか。

戦闘機なら、敵艦艇に攻撃も出来るし、上陸した敵兵にも攻撃が出来る。
オスプレイよりも、何倍も役に立つでしょ?


と、言う議論をしましたが、あっちふらふら、こっちふらふら、では焦点が定まりません。
制空権の維持が、防衛に繋がると言う観点なら、オスプレイなんぞ買わずに、最初からF35に力を入れたらよかったのでは?
自民の中に、F35は防衛型の戦闘機ではない。と言う意見まで出ていて、まとまりがなかった。

にしても、国産のステルス機を不採用にして、米国から沢山買うのは、面白くない話ですね。