真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

細胞分裂を止める「抗がん剤」は危険

☆なぜ多くの医師は、自身ががんになると抗がん剤を使わないのか
https://biz-journal.jp/2017/01/post_17803.html

(解説)

よく、がんの治療をすると、げっそり痩せて、
よれよれに、なりますよね。

抗がん剤は、細胞分裂を止める効果があるので、
身体が、大変に弱ってしまいます。

危険ですね。

それなら、まだ食事療法の方が、可能性がある様に思います。

一連の放射能問題以外にも、発がん性がある様な、食品(食品添加物)の規制を政府はすべきでしょう。
病気になってからの、対処ばかりが注目されますが、予防が大事ですよね。

病気のもとを取り除かなければ、同じことの繰り返しのなります。

ちなみに、某芸能人が、舌のがんになったことですが、
発がん性のある薬を使った、副作用であるとの見方もあります。