真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

自民麻生、結局韓国に制裁するつもりなし

☆麻生氏、送金・ビザ発給停止例示 韓国への報復措置、元徴用工問題
 麻生太郎副総理兼財務相は12日の衆院財務金融委員会で、韓国の元徴用工訴訟で賠償を命じられた日本企業の差し押さえ問題を受け、韓国への報復措置を例示し具体的に検討していると述べた。「関税に限らず、送金の停止、ビザの発給停止とかいろんな報復措置があろうかと思う」と語った。

 日本維新の会丸山穂高氏に対する答弁。麻生氏は「そういったものになる前の所で交渉しており、きちんとした対応をやっていかないといけない」と語り、報復措置の実施に至らないよう努力していると説明した。
https://www.daily.co.jp/society/politics/2019/03/12/0012140755.shtml

(解説)

非常に、紛らわしい発言ですが、キモはここ。

> 報復措置の実施に至らないよう努力していると説明した。

結局は、何もしないってことです。
天皇陛下への侮辱発言も、安倍が不問としていますし、これでは韓国の態度が大きくなるのは当然です。

対馬の土地を韓国人が、買い占めていることも、無問題だとしていました。
対馬から、盗まれた仏像も、問題なしですよね。
自民は、明らかな左翼でしょうね。