真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

国産ステルス機を握りつぶした、左翼安倍自民と公明の愚

左翼安倍自民は、国産ステルス機を握りつぶしましたが、日本の航空機発展に、不利益をもたらすものでしょう。

自衛隊の整備計画と、左翼安倍自民の考え方は異なっている。

左翼安倍は、国産ステルス機、新型装甲車、の開発を、中止。
多目的護衛艦(海外で言う新型駆逐艦みたいなもの)の棚上げ、をしているが、これは自衛隊の意思とは無関係です。
自衛隊が、やめたいと思った訳ではないです。

トランプが買わせたいものを買い、自衛隊がやりたい整備計画を潰す様なところがあります。

さらに、水面下に隠れていますが、米国から強襲艦を購入する話しもありました。
日本で、強襲艦を作ることは出来るのですが、米国にお金を落とす為か、
完成品を購入する話しまで出ていました。

技術構築をするには、日本で建造した方がいいし、経済の活性化になるのは、言うまでもありません。

不快感を示す声があった為か、強襲艦購入の話しは、水面下に潜りました。

・・

F35の墜落は、単に整備不良で片付けられるのかも知れない。

韓国が大好きな、安倍政権に於いては、自衛隊の士気も下がってしまうのか、おかしな事件が多い。
10式、74式のキャタピラの外れ、ミサイル頭部部品の、高速道路での落下など、

アメポチ改憲を推進し、集団的自衛権で、韓国の後方支援が出来ると述べる、左翼安倍。
左翼政権に、自衛官もウンザリしているのではないか?

竹島の侵略国である韓国、その軍艦を観艦式に入れ込み、得意がる左翼安倍一味。
反日、左翼政権こそが、日本人の自尊心を潰す、諸悪でしょう。