真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

山本太郎に、賛成するところ、反対するところ

基本、現安倍政権の体たらくを打破して、
国民の側に、政治を持って来ることには、同意です。

多くの主張に共感しますが、これはどうかな?
と思える部分もあります。

例えば、時給を1500円に引き上げることです。
人件費が引き上がると、必ず経営者は、商品に転嫁しようとします。
つまり、商品価格が値上げされます。

この値上げが、各分野でなされた場合、やはりお財布に優しくない状態になります。

私は、商品価格の値上げをさせない為に、物価抑制を主張していますが、
世間では、物価があがることが、前向きの様に捉える方が多いです。

バブルの時に、物価と人件費が、シーソーゲームの様に引き上がって行った結果、
もう、日本では生産出来ないと判断して、海外に生産ラインが出てしまい空洞化が起きました。
本来なら、物価抑制を政府がすべきでした。

今、物価の上昇から、実質マイナス賃金が言われています。
解消には、給料をどんどんあげることだと、主張される方が多いです。

かつてのバブル程ではないにしても、また物価上昇に繋がっていくと思います。
そうなれば、外に出した生産ラインなど、国内に引き戻す機会は、未来永劫失われます。

物価抑制をすれば、人々は、給料をもらった様に感じます。
私は、そう思いますけどね。

バブルを目指す必要もないと思います。
バブル期は、人々が先々も儲かると言う見込みで、借金までして物品を購入していました。
これが、会社や個人を、借金地獄へ追いやった原因です。

足りるを知らず、見込みで購入することの危険性は、もう十分に分かった筈です。

バブルから、自分に見合った消費こそ、借金をせず現実的な出費であることを、多くの国民が学びました。

私は、かつてのバブルを好景気として、目標にすべきじゃないと思います。

新幹線、リニア、ロケット、原発など、自民の政策では、技術漏洩が多いです。
技術漏洩をしていけば、企業が損益を得ます。
韓国海軍のレーダー照射も、造船技術を、韓国に構築させた、自民の失策でしょう。
日本の造船会社も、大きな損をして来ました。そして自動車産業もです。

他国を助けて、自国を一人負けさせる様な、世襲ボケ外交さえなければ、自動的に国内に活力が生まれます。
そう信じて止みません。