真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

野党のブレに合わせるつもりは一切ありません

以前、菅直人がこう述べていました。

夫婦別姓、TTPなどを棚上げにする理由として、
東北の復興が、もっとも大事であり、重要性が低いことは棚上げすると、
そして、最重要事項に専念すると。

実は、菅政権に、夫婦別姓などは棚上げにした方がいいと、提言しましたけどね。
棚上げと言うより、不要だと言う提言です。

そして民主は、
ODA適正会議を設置して、無駄を省き、浮いた分を東北支援に当てると言うことを実行しました。
議員給料の削減をして、東北支援に回しましたし…

地方交付金も、民主で引き上げていますからね。

私は、この考え方に共感しました。

しかし、今の野党には、そうした気概もないです。

現野党で、人が大事と言いながら、緊急性のない夫婦別姓が復活しています(呆)。
1億2000万人の国民の内、一体何人の方が、夫婦別姓を望んでいるのですか?
これは、与党の移民をアシストする法案です。

私の考え方がブレたのではなく、野党の考え方がブレたのだと思います。
私は、以前から、1ミリも主張を変えていませんから。

野党が、言う様に、身障者も、難病患者も、みな平等だと言うのなら、
供託金すらない人に、出馬の機会を与えたらいいじゃないですか?

弁論が苦手でも、練習すれば上手くなるじゃないですか?
違いますか?

平等だと言いながら、実は平等なんてないのが社会です。
野党も、平等にしようとしていませんしね。

別に、野党の支持者を悪く思ったりしないですよね。
色々見え透いて、私がドン引きしただけなので。

だからと言って、与党の売国を容認することもなく、
社会正義の観点は、常に持ちたいですけどね。

与党のトンデモ法案廃案を、公約としてパンフレットに記載すべきです。
それもしないで、夫婦別姓とか、NPO支援とか、平気で書いてあるんです。

野党のブレに、私も付き合って、同じ様にブレるつもりはないです。
支持政党はどうであれ、常に同じ主張するのが、自分のポリシーと考えています。