真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

山本太郎への寄付、1億円を超える快挙

山本太郎の新党・れいわ新選組、1ヶ月で寄付金1億以上が集まる 
各界から支援の声も (しらべぇ - 05月26日 07:31) http://mixi.at/a8uzNXg

左翼安倍の反日政治にウンザリする国民が、支持しているでしょう。
もと俳優だけのことはあって演説も上手いし、左翼安倍がかすんで見えます。

山本が述べる「本物の好景気みせてやる!」を支える経済論は、
MMT論(現代貨幣理論)です。

MMT論に関しては、懐疑的な見方もありますが、
三橋貴明、中野剛志、など自民党支持者から熱烈な支持をされる評論家が
推進している論でもあります。

私が、山本に共感できる部分は、やはりトンデモ法案の廃止です。
これを、大声で主張して公約に入れているのは、山本くらいではないでしょうか。

あとは、庶民の暮らしを改善すること。

山本の主張は、幅が広く、与党の支持者も取りにいっています。
公共工事、公務員を増やす、給料をあげる、国土強靭など、
与党支持者の好む政策も大分入っていますが、これは利口だと思います。

野党の公約が、戦争法案の反対、原発反対などが主であり、
経済政策にあたり、この理論を用いると言う明確な主張がないことをは大きな損ですし、
ドンテモ法案への反対が表明されていないことも損と思います。

野党が共同で提出している、夫婦別姓は、自民の移民をアシストするもので、
野党の本気が一切感じられません。

山本に触発されて、ほか野党も、何が必要なのかをもう一度考えたらどうなのでしょう。

私は、空洞化を解消しないまま、移民をするのは危険であることや、
どの様なことよりも、日本国民の生活を第一とすることを、野党に提言していますが、
あさっての方向の様に思います。

あと、消費税を5%まで減税する様にと提言しています。