真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

国民民主党の政策は、立憲民主党より保守

国民民主党の政策
https://www.dpfp.or.jp/policy_commentaries

愛国者が気になるものが入っています。

地位協定の見直し
・種子法廃止の取りやめ
・移民法入管法)の再検討

などなど、
立憲民主党よりも、やる気が感じられます。

与党の、それぞれの売国法案は、世論調査などでは不評を得たものです。
しかし、野党は政権を取れていません。

野党側が政権を取れたら、トンデモ法案(売国法案)は、廃止にします!
と言う強い意志の現れが必要です。

野党側の支持者も、自身の支持政党に「本気だせ!」と言うのを、
言うべきだと思います。

与党と馴れ合うのではなく、国民の為、日本の為に本気で勝負しろと。

本当は、こんなことを世話をやいている様ではお終いで、
立憲民主党は、自主的に気がつくべきことなんです。

国民民主党にも、もうちょっとがんばって欲しくて、
国民の7割が反対する、利権切り売りのカジノ法案など、
まだまだ、廃案にするべきものは沢山あります。

留学生に、年間180億円も血税が支払われていることもそうです。
自国の学生をもっとも、大事にするべきでしょう。

さいごに、

米軍は、日本のどこへでも基地を作れる密約を、左翼自民としています。
東京上空の管制にも、クチ出しをして来ます。

単に沖縄の問題だけを言っていても、なんら解決にはならないので、
地位協定の見直しが必要になります。

本当の意味で、独立国、主権国家と言うのなら、これは必要です。
本来なら、全野党共通の公約でなければ、いけないくらいです。

立憲民主党は、やる気がなさ過ぎています。


関連記事

北ミサイル発射、朝鮮安倍5兆円、3.5億円人的支支援の愚
https://shinjituno-seijika.hatenablog.com/entry/2019/05/04/125257

アメポチからの脱却、防衛型弾道弾の保有
https://shinjituno-seijika.hatenablog.com/entry/2019/05/29/113041