真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

難病や身障者に関する改善提案

難病や身障者の置かれている立場は、
けっして優遇されたものではありません。

多々改善されるべきことがあります。

例えば、身障者雇用です。
身障者の雇用は、3カ月更新で派遣と同様の取り扱いです。
これは、病状からの変化を考慮しての更新制と思いますが、
余程の問題がない限り、最低でも1年、あるいは3年契約にするべきです。
さらには、一般人と同様に、雇用期間を区切らない状態であるとか。

また、難病の方の特定疾患医療券の更新は毎年です。
生涯を通して完治しないと言われているにも関わらず、毎年の更新はキツイです。
更新時に、診断書と同様のもの※、課税証明書、住民票、保健証のコピーなどが必要で、
毎年、自腹を切っての更新が必要なんです。
これらは、3年おきに改訂されるべきです。

※臨床個人調査票のこと

本来なら自動更新が理想的です。
医療券が必要ない方は、自分からそのことを申請すればいいでしょう。

更新手続きが、3年おきに改訂されれば、事務経費も節約できます。
なので、難病の方、行政の両方に利点があります。

身障者の雇用に関しても、企業が目一杯のハードルを設けているところもあります。
ようは、該当者なしと言い訳をする様に、採用しない様にしているんです。
私が、実情把握をする為に調べたところ、ソフトがプロ以上に使えることが条件であったりとか、
どの様に解釈しても、身障者向けではなく、一般人も凌駕する能力が基準である会社も多いんです。
これは、間違いなく採用しない為の口実です。

また、難病の方の採用枠はありません。
難病の方は、就職や転職面で、非常に大きな苦労を強いられます。
その上で、就職希望者を無視した状態で、移民を推進しているのが、自民なんです。

こうした事実に目を背ける、現与党は問題があります。

国民負担を増やすことばかりを言わず、人にやさしい社会が必要です。

 

当、団体では、国政政党や行政に以上のことを提言しています。

今後活動を本格的に行うにあたり、ゆうちょ銀行に口座を開設して、寄付を受け付けます。口座開設以降、皆様にご連絡さしあげます。