真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

レジ袋有料化は環境保護にならない真実

〜 全国民は、与党のレジ袋有料化に抗議を 〜

環境保護にならない根拠
レジ袋は、家庭ゴミを出す時に活用しています。
なので無駄になっていません。
レジ袋が有料化するのなら、別途、ゴミ出し用のビニール袋を買わないといけません。
これで、どの様に環境保護があるのでしょうか?

☆背景には汚い利権が絡む?
現在、レジ袋が有料なところでも、中サイズ2円、大サイズ3円程度です。
これを一挙に30円にすると言うのは、実におかしいです。

☆消費鈍りにも繫がる有料化
マイバックを持参していない時にも、気軽に買い物が出来た方がいいです。
30円もの袋代を取られたら、買い物をしたくないと思います。
会社の帰りに買い物をする、サラリーマンやOL。
彼らも、会社にマイバック持参で出社しないといけなくなります。

これでは、合理性がありません。

なにかつけ、東京五輪にかこつけていますが、
人々の生活が優先されるべきではないでしょうか?

☆逆に環境破壊も?
極貧な人たちからみれば、無償で手入出来ていたレジ袋が有料化するのは痛いです。
ゴミ出しをする際に、レジ袋を活用出来ないのなら、袋に入れずにゴミを出す人もいるかも知れません。
そうなったら、逆に環境破壊です。


与党・野党など、自分の支持政党でも構いませんし、
全国民は、抗議しましょう。

家庭ゴミを出すのに、どの様にしてもビニール袋が必要なのだから、
まったくエコなんて無関係で、こじつけなんです。