真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

海外に50兆円、年金破綻で国民負担2千万円の愚

人生100年時代、年金頼み限界
金融庁、2千万円蓄え必要と試算 〜

 金融庁の金融審議会は3日、長寿化による「人生100年時代」に備え、計画的な資産形成を促す報告書をまとめた。年金だけでは老後の資金を賄えず、95歳まで生きるには夫婦で2千万円の蓄えが必要になると試算。現役期とリタイア前後、高齢期といった人生の段階別に資産運用、管理の心構えを説いた。少子高齢化で年金の給付額の維持が困難だと政府自ら認め、国民の自助努力を求めた形だ。ただ投資には元本割れリスクもあり、金融商品の慎重な選別が必要となる。

 報告書は、男性が65歳以上、女性が60歳以上の夫婦の場合、年金収入だけでは月に5万円の赤字になるとした。

共同通信

(解説)

人から預かった年金をそのまま本人に戻すのなら年金破綻はない筈。
では、なぜ年金破綻が起きて、国民に2000万円も備える様に言い出すのか?
※経済評論家の試算では、老後に3000万円が必要

年金は、収めた人々のものです。
これを国民に許可もなく、運用に使用して失敗したり、他のことに使ったりするから破綻するんです。

左翼狂信者が、こう言います。
預かったものを、そのまま戻す仕組みじゃないんだから、仕方ないと、

おかしいでしょ?
ただ、仕方ないと言う理由で、70歳まで働かせられる様になるのは、明らかに間違いです。
左翼自民党や、左翼政治に加担する公明党は、責任を負うべきです。

海外に安倍自民は、50兆円も国費をバラまいているんです。
そんな無駄があるのなら、国民の年金にあてるべきでしょう。

お年寄りにしごとを斡旋する法人にも、一事業所に数千万円の巨費が流れています。
これが全国規模であるんです。
お年寄りを働かせる為に、税金を浪費するのではなく、
その分を年金に上乗せするべきなんです。

国民には負担増で圧政、海外には巨額バラマキの愚
http://d.hatena.ne.jp/shinjitunoseijika/20180707#p1


政治的世直しコミュニティのご案内

真実の政治家(保守派通信)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4192418
コミュIDは、良い国良い輪 と覚えてください

自民党反日政党です!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5384125

日本国保守政治総合研究所
http://mixi.jp/view_community.pl?id=6225858