真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

独善的で歪んだ皇室観は、日本に得がない

よくネットなどでみかける、
絶対に天皇陛下は男性であるべきだと言う論。

女性、天皇を容認する動きに対しては、
あたかも売国奴の様な歪んだ価値観が押し付けられる。

なぜ、そこまで歪んだ価値観が横行するのか理解に苦しみます。
そこには、大きな矛盾があると思います。
あたかも皇室を大事にしているかの様に言いますが、
実際は、独善と言うべき自分の価値観を押し付けているに過ぎません。

男性であるべきだ、と言う前に、
皇室では、どの様に考えているのかを訪ねるべきではないでしょうか。

論が矛盾をしていませんか?

自分は愛国者である、皇室を思っている、
と言いながら、男性であるべきだと価値観を押し付けるのは、
なんら皇室を思っていない証拠でしょう。

皇室の意思が関係ないのだから…
本来なら「どの様にお考えですか?」と聞いてもいいでしょう。

男系天皇の存在が危ぶまれているのは、GHQによる皇室縮小からです。
自民の前身が、GHQと共謀した結果です。
米国に諂っているのが、戦後利権政党の自民党です。
自民の売国を1ミリも正さず、毎日野党ガー、
それしか言わない人が、歪んだ愛国観であることは言う間でもありません。

あるいは、自民党売国を全肯定をして、日本を腐敗させているにも関わらず、
愛国者のふりをしているだけでしょう。

韓国のイやムンが天皇陛下侮辱発言をしましたが、
安倍は、不問・白紙化しています。
皇室を思っていると言いながら、安倍の売国は絶対に正さない。
それが保守の姿勢と言うのが、おかしいことに全国民が気がつくべきでしょう。

民主党は、韓国に侮辱発言の撤回と謝罪を要求しました。
それすらしない、安倍を批判せずに、自身を愛国者だと言うのは、
一体どこの国からみて、愛国者なのでしょうか。

左翼政権の売国加担から手を引き、
愛国側に回ってくれることを望みます。