真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

自民党を社会的弱者が支持している?

こんばんは

自民党を社会的弱者が支持していると聞きますが、
その理由に驚きます。

社会的な弱者は、今の自民党を良くないと思っていて、
ダメな存在だと認識しているそうです。

しかし、ほかに変わってさらにダメになるのが怖くて、
仕方なく自民党を支持していると…

こうした話しは、野党支持者からしてみたら、
「えっ、マジかよ?福祉の充実なら、野党の支持だろ?」
と思えるのではないでしょうか。

しかし、現実に、弱者で自民党支持の人がいるのには驚きます。

しかも、単なる支持者と言うより、悪魔意識があるのかと思えます。
悪魔意識はとは?

自民党は、年金破綻の穴埋めとして、お年寄りを何時までも働かせること、
女性を積極的に働かせて、納税者にすることを推進しています。
悪魔意識のある方は、自分さえ助かればいいと言う考え方なのでしょうか?
例え、お年寄りや女性が酷使されて、摩耗してもいいと…

私は、弱者全体、国民全体が助かるべきだと考えています。
誰かだけが、ひとり勝ちをするのではなく、全体が助かるべきだと言う思いです。
それが、私の思う、愛国心、愛民心、保守政治です。

安倍支持者で、生活保護をもらっていると言う方を、何人か知っていますが、
常に、安倍の売国は良い売国だから黙って支持をしろ!
安倍を批判するな!黙って安倍を応援しろ!
と言う姿勢です。

こう言う人たちは、悪魔意識の上に成り立っています。
例え、他人が犠牲になっても自分だけが助かればいいと言う考えです。

お年寄りは?女性は?
安倍支持者の犠牲になる為に存在しているのでしょうか。

日本人として、本当に情けないことです。
道徳教育の失敗の主張が、安倍支持者ではないでしょうか。

野党支持者も、今後の活動を見直す必要があると思います。
社会的弱者が、自分だけが助かればいいと言う思いから、
安倍を支持していると言うことなのだから、

どの様に、世間を説得するのか、やり方を考える必要が出て来ています。